不動産ニュース / イベント・セミナー

2017/5/15

高齢者向けビジネスを提案/SEAネットワーク

「新たに高齢者向けビジネスを提案していく」と話す、河野副会長

 スターツコーポレーション(株)が運営する地域の優良不動産会社の連携組織「SEAネットワーク」は15日、東京ステーションホテル(東京都千代田区)で2017年度全国大会を開催。約60社・80人が参加した。

 5月時点の会員数は88社・429店舗(前年度:94社・431店舗)。16年度は、(1)分譲・仲介・管理事業等の収益体制の構築、(2)社宅送客をはじめとしたスターツグループ事業との連携の強化を行なった結果、社宅送客実績が3,484件・約2億円(前年比29%増)と大幅に増加した。そのほか、時間貸し駐車場の開発や共同住宅の建築受注など複数案件で実績があがり、その内容も拡大傾向にあるとした。

 17年度は、(1)(2)の強化を引き続き展開し、AIに対する取り組み、付加サービスの強化、人材育成の研究を行なう。スターツグループで、企業不動産のコンサルを行ない、社宅代行業務を担うスターツコーポレートサービス(株)との社宅送客の強化、同グループの仕入れや仲介情報からの成約増を図る。また、社宅代行仲介を含めた企業向け営業の強化に向けて、研修会を行なうほか、12月19日には「社宅サミット」を開催し、スターツグループ社員との交流の機会を図る。

 新規活動項目として高齢者事業を検討する。スターツピタットハウス(株)にて数年前から展開している高齢者向けコンサルサービス「サードライフ事業」を拡充し、会員向けに提案できるようにしていく。オーナーの資産コンサルティングや高齢者向け住宅の建設・運営、仲介などのサポートを計画している。

 同社取締役副会長の河野一孝氏は「空き家増加、少子高齢化が進む中、高齢者向けサービスを展開することが重要。本部としては、少なくても各都道府県に1社ベースで手掛ける事業者を募り、フランチャイズ体制の構築も視野に入れる」と挨拶した。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
 過去の呟きがおとり広告に?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/10/5

月刊不動産流通2022年11月号好評発売中!

月刊不動産流通2022年11月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は「不動産広告Q&A デジタル時代の留意点」。SNSや動画等を用いた営業が活発化していますが、デジタルの不動産広告はこれまでの運用ルールが当てはまらない場合もあり、意図せず「違反広告」となることもあるかもしれません。具体的な事例をあ挙げ、注意点を紹介します。

編集部レポート「プラスアルファのシェアオフィス」では、新規参入が増加しているシェアオフィス事業について、ユーザーのライフスタイルの変化をとらえ他社との差別化を図っている事業者を取材しました。

試し読みはnoteでも可能です。