不動産ニュース / 政策・制度

2017/6/29

空き家マッチングで、宅建業者の負担適正化へ

 国土交通省は29日、空き家対策等に係る中間とりまとめを発表した。

 空き家対策推進のための基礎整備を進めつつ、空き家の多様な形態に合わせた除却や発生予防、適正な管理などの対策を講じるべきとした上で、その中でも「再生・流通」の活性化に向けた環境整備を進めていくことが重要であると示した。
 再生・流通活性化への取り組みでは、「マッチング・媒介機能の強化」を挙げ、宅地建物取引業者の媒介業務に係る負担の適正化等を明示。また、「空き家の再生・リノベーション」の必要性も示し、コンバージョンや用途変更等が円滑に行なえるような建築規制の合理化等の必要性を示した。

 また、同とりまとめでは、「不動産分野における新技術の活用等の方向性」「今後の不動産業の発展」についても触れた。

 新技術の活用関連では、重要項目として「基盤となる不動産情報(データ)の整備・充実」「新技術等を活用した産業の振興」「不動産流通や不動産投資促進のための環境整備」をあげた。また、従来の不動産分野の枠を超えて、産学官の連携のもと、幅広い分野横断的政策的アプローチを進め、消費者サービスの拡大、業務効率化、新たなビジネスの創出等を実現すべきとした。

 今後の不動産業の発展には、地域の不動産の管理・流通・活用等を進めながら、新たなサービスを創出するなど、地域の魅力の向上や地域活性化につながる「場の産業」を展開することが必要であるとした。

 同とりまとめは、2月より4回にわたって開催された社会資本整備審議会産業分科会不動産部会での審議内容を反映して、公表したもの。

この記事の用語

コンバージョン

建物の用途を変更すること。例えば、空きオフィスを集合住宅に変更する、社員寮を有料老人ホームに変更する、というような変更を指す。構造、設備、防災法規など、法的、技術的にクリアしなければならない点も多い。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。