不動産ニュース / 開発・分譲

2018/9/12

三菱地所、中国でオフィス含む複合施設開発

「奥体万科中心」外観イメージ。左側が賃貸住宅棟。右側がオフィス棟。中央の低層階フロアは下が飲食店舗、上がホテル

 三菱地所(株)は12日、中国の大規模複合開発プロジェクト「奥体万科中心」に参画すると発表した。中国の大手ディベロッパー・万科企業との共同プロジェクト。三菱地所グループが中国においてオフィス開発を行なうのは初。

 計画地は、上海から高速鉄道で1時間の「杭州東」駅から約10kmに位置する「銭江世紀城」エリア中心部の1万3,969平方メートル。同エリアは、アリババグループの創業地で、IT企業が集積している。

 開発するのは、オフィス、賃貸住宅、ホテル、飲食店舗からなる複合施設。地上22階地下2階建てのオフィス棟と、地上20階地下2階建ての賃貸住宅棟を、飲食店とホテルからなる低層階フロアでつなぐ。オフィス棟の床面積は約4万4,000平方メートル、賃貸住宅棟の床面積は約1万7,000平方メートルで、建物全体の延床面積は9万5,318平方メートル。

 8月に着工済みで、竣工は2021年3月の予定。

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年3月号

<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/2/18

「記者の目」更新しました

“トキワ荘通り”活性化の拠点に!」を更新しました。
「トキワ荘」をご存知だろうか。漫画好きなら常識かもしれないが、手塚治虫や赤塚不二夫など、名だたる漫画家たちが若き日を過ごしたアパートのことだ。このほど、その跡地に通じる道路、通称“トキワ荘通り”にシェアキッチンがオープン。地域住民のニーズを聞き取り、創業支援や地域活性化を目的に(株)ジェクトワンが手掛けたものだ。既にかなりの反響があるよう…。