不動産ニュース / その他

2019/2/15

住宅・建築物の省エネルギー対策を強化

 15日、「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律の一部を改正する法律案」が閣議決定した。

 「パリ協定」を踏まえた温室効果ガス排出量の削減目標の達成等に向け、住宅・建築物の省エネ性能の一層の向上を図ることを目的に、規模・用途ごとの特性に応じた実効性の高い総合的な対策を盛り込んだ。

 オフィスビル等に対する措置として、省エネ基準への適合を建築確認の要件とする建築物の対象に、中規模(延床面積300平方メートルを想定)のオフィスビル等を追加。また、省エネ性能向上計画の認定(容積率特例)の対象に、複数の建築物の連携による取り組みを追加した。

 マンション等に対する措置では、届け出制度における所管行政庁による計画の審査を合理化(民間審査機関の評価を受けている場合に所管行政庁による省エネ基準の適合確認を簡素化)し、省エネ基準に適合しない新築等の計画に対する監督体制を強化した。

 戸建住宅等に対する措置として、設計者である建築士から建築主に対して省エネ性能に関する説明を義務付ける制度を創設。また、トップランナー制度の対象に、注文戸建住宅・賃貸アパートを供給する大手住宅事業者を追加(現行は建売戸建住宅を供給する大手住宅事業者が対象)。

この記事の用語

住宅トップランナー制度

住宅を新築する住宅事業建築主に対して、建売戸建住宅に関する省エネ性能の向上のための基準(住宅トップランナー基準)に照らして必要がある場合には、国土交通大臣が省エネ性能の向上を勧告することができることとする制度。建築物省エネ法に基づいて定められている。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年4月号

<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/3/7

「記者の目」更新しました

『ロボット』×『ビル管理』。省人化の実現へ」を更新しました。
少子高齢化、人口減少などを要因に、働き手不足が深刻化するビル管理業界。その課題解決の糸口を、最新のIT技術を駆使した「ロボット」の活用に見出す声も多い。(株)三菱地所ではここ数年、自社管理物件でのロボットの導入に向け、実証実験を重ねている。