不動産ニュース / 開発・分譲

2019/6/26

埼玉・神奈川で物流開発事業を展開/東京建物

「(仮称)久喜物流施設プロジェクト」外観イメージ

 東京建物(株)は26日、物流施設開発事業の第1弾として「(仮称)久喜物流施設プロジェクト」(埼玉県久喜市)の着工を発表。併せて第2弾となる「(仮称)綾瀬物流施設プロジェクト」(神奈川県綾瀬市)の用地確保を発表した。

 「(仮称)久喜物流施設プロジェクト」は、東北自動車道「久喜」IC約2km、首都圏中央自動車道「白岡菖蒲」IC約3.4kmに立地。敷地面積約3万3,100平方メートル。鉄骨造地上4階建て、延床面積約7万700平方メートルの予定。多様な規模のテナントニーズに応えるフロアプランで、カフェテリアなどのアメニティ機能も充実させる。開業は2020年7月の予定。

 「(仮称)綾瀬物流施設プロジェクト」は、名高速自動車道「綾瀬スマート」IC約2.5km(20年度上期開通予定)、 首都圏中央自動車道「海老名」IC約6.8kmに立地。製造拠点・人口集積地ともにアクセスが良く、多様な業種での広域・地域配送ニーズがともに見込めるエリア。敷地面積約1万1,700平方メートル。鉄骨造地上4階建て、延床面積約2万3,800平方メートルの予定。開業予定は21年夏頃。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

物流施設

貨物の保管・仕分けなどのための施設。物流センター、倉庫などであるが、保管機能だけでなく流通加工の機能を備えたものもある。必要な設備は貨物の性質や施設の用途によってさまざまで、その立地は、輸送方法や用途に応じて選定される。倉庫事業者が施設を建設し、賃貸する方法で運営されている場合が多い

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年1月号
日々の実務に役立つ情報満載です

鹿児島、長野、山形、島根…。自治体と事業者が連携して取り組む、各地の空き家対策を紹介!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/12/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

最新号20年1月号の内容を紹介。ショップサイトで購入できます。
編集部レポートは、「官民連携で進む 空き家対策」。全国各地で、自治体と不動産事業者が連携して行なう、多彩な「空き家対策」を取材!自治体の窓口と連携した「空き家相談ホットライン」の運営や、事業者の利益を確保する仕組みづくりなど…、詳細は誌面を要チェック!特集は「ハザードマップ有効活用術」。弊社が独自に実施した、ハザードマップの活用状況等に関するアンケートを掲載しつつ、実務の現場でハザードマップを積極的に活用している事業者の取り組みを紹介します。