不動産ニュース / 団体・グループ

2019/7/10

3年連続の黒字達成/東京不動産健保

「組合員も増え、経常黒字も3年連続となった」と報告する荒井理事長

 東京不動産業健康保険組合は9日、2018年度の決算組合会を開き、同年度決算を報告。また役員改選により、荒井 喜八郎理事長が再選した。

 同年度は、被保険者数・平均標準報酬額額・賞与支給月数といった基礎数値が堅調に推移。財務の健全化と滞納保険料の早期回収などで健康保険収入を約567億円(前年度比5.2%増)まで拡大した。高齢者納付金等の納付金も約238億円(同0.6%減)にとどまり、支出は約552億円(同2.3%増)。最終的な経常収支は約15億8,000万円の黒字と、3年連続の黒字決算となった。

 平均被保険者数は12万5,598人(前年度比5,409人増)と、7年連続の増加、5年連続過去最高を記録。賞与支給月数も、予算1.90ヵ月に対し決算では2.35ヵ月と伸びたことも収入増に貢献した。

 組合会後の懇親会で挨拶した荒井理事長は「組合員の皆さまや職員の努力で、3年連続の経常黒字を達成できた。しかし、予算の約半分は高齢者医療制度等への納付金となっているのが現状。保険料率も9年連続8.6%で据え置いている。これは、都内の健康保険組合では80位中6位の低料率だ。組合員も数年で2割増えている。余剰金を組合員サービスに活用できないかも検討したいが、高齢化がさらに進展する中、納付金はどんどん増えていくことが予想される。今後も健全な組合を目指しがんばりたい」と抱負を語った。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年1月号
日々の実務に役立つ情報満載です

鹿児島、長野、山形、島根…。自治体と事業者が連携して取り組む、各地の空き家対策を紹介!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/12/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

最新号20年1月号の内容を紹介。ショップサイトで購入できます。
編集部レポートは、「官民連携で進む 空き家対策」。全国各地で、自治体と不動産事業者が連携して行なう、多彩な「空き家対策」を取材!自治体の窓口と連携した「空き家相談ホットライン」の運営や、事業者の利益を確保する仕組みづくりなど…、詳細は誌面を要チェック!特集は「ハザードマップ有効活用術」。弊社が独自に実施した、ハザードマップの活用状況等に関するアンケートを掲載しつつ、実務の現場でハザードマップを積極的に活用している事業者の取り組みを紹介します。