不動産ニュース / 調査・統計データ

2020/2/5

不動産「買い時だと思う」は13%にとどまる

 (公社)全国宅地建物取引業協会連合会と(公社)全国宅地建物取引業保証協会は5日、「2019年不動産の日アンケート」の結果を公表した。9月23日の「不動産の日」にちなみ、住宅の居住志向や購買傾向等を毎年調査しているもの。19年9月23日~11月30日、国内の20歳以上の男女を対象にインターネットで調査した。有効回答件数は2万2,183件。

 不動産の買い時感を聞いたところ、「買い時だと思う」が13.0%(前年同期比3.3ポイント減)、「買い時だと思わない」が28.9%(同6.3ポイント増)、「わからない」が58.0%(同3.0%減)。「買い時だと思う」は08年度の調査開始以来過去最低、「買い時だと思わない」は過去最高を記録した。

 「買い時だと思う」と考える理由については、「住宅ローン減税など消費増税に係る支援制度が拡充されているから」が51.1%で最多。「今後、住宅ローンの金利が上昇しそうなので(今は金利が低いので)」が23.4%で続いた。「思わない」理由については、「不動産価値が下落しそうだから」26.8%、「自分の収入が不安定または減少しているから」21.0%となった。

 持ち家か賃貸かの問いでは、現在の居住形態にかかわらず「持ち家派」が80.9%と圧倒的多数を占めた。その理由については、「家賃を支払い続けることが無駄に思えるから」が53.5%と最多回答に。一方「賃貸派」は、「住宅ローンに縛られたくないから」が41.5%でトップ。

 既存住宅の抵抗感について聞くと、「まったく抵抗がない」が12.7%、「きれいであれば抵抗はない」41.3%、「売買金額と状態のバランスを見て判断する」32.9%、「どんな状態であろうと抵抗がある」13.0%となった。「まったく抵抗がない」と「きれいであれば抵抗がない」を合計すると、半数以上が抵抗感が薄いことが分かった。

 既存住宅流通活性化に向けた諸施策の認知度についても調査。安心R住宅は「知っている」が5.3%(同1.1ポイント減)、瑕疵保険は15.7%(同0.6ポイント減)、インスペクションは7.1%(同0.6ポイント減)と、前年度と比較してそれぞれ認知率が下がる結果となった。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年5月号
住宅確保要配慮者を支援しつつオーナーにも配慮するには?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/4/5

「月刊不動産流通2024年5月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年5月号」の発売を開始しました。

さまざまな事情を抱える人々が、安定的な生活を送るために、不動産事業者ができることとはなんでしょうか?今回の特集「『賃貸仲介・管理業の未来』Part 7 住宅弱者を支える 」では、部屋探しのみならず、日々の暮らしの支援まで取り組む事業者を紹介します。