不動産ニュース / 政策・制度

2021/4/6

ニューノーマルに対応した都市政策の在り方示す

 国土交通省は6日、2020年10月~21年3月にかけて開催してきた「デジタル化の急速な進展やニューノーマルに対応した都市政策のあり方検討会」(座長:出口 敦東京大学大学院教授)の中間とりまとめを公表した。

 新型コロナ危機を契機に、「ニューノーマル」と呼ばれる生活様式が普及。働き方や暮らし方に対する意識・価値観が変化・多様化している。こうした変化に対応するため、ライフスタイルの変化に応じた多様な働き方・暮らし方の選択肢を提供していくことが必要であるとして、新たな都市政策を検討してきた。

 市民一人ひとりの多様なニーズに的確に応えるべく、「人間中心・市民目線のまちづくりを深化」させること、ニーズに対応して機敏かつ柔軟に施策を実施する「機動的なまちづくりを実現」することを今後のまちづくりの方向性として示した。

 これらを実現していくためには、地域の資源として存在する官民の既存ストック(都市アセット)を最大限に利活用し、市民のニーズに応えていくことが必要であると言及。職住遊学の融合などのため、官民の既存ストック(都市アセット)を「使う」「活かす」、公園などまちなかでの社会実験の実施などスピーディに「動く」、効果検証や新たなサービスの提供などデジタル技術・データを「使いこなす」、の3点がポイントだとした。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年8月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

賃貸オーナーの不安払拭に向け、TOPICを確認!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/7/27

「記者の目」更新いたしました

「観光」以外でも集客するホテル」配信しました!
積水ハウス不動産東京が5月に開業したホテル「YANAKA SOW(ヤナカ ソウ)」。開発計画当初はインバウンドをターゲットとしていましたが、コロナ禍での観光需要低下を考慮し方向性をチェンジ。開業時には、ワーケーションや二拠点居住への対応など…さまざまな使い方ができるホテルとしてオープンしました。