不動産ニュース / 開発・分譲

2022/4/27

金沢駅徒歩圏で石川県初の「プラウド」/野村不他

「プラウドシティ金沢」完成予想図

 野村不動産(株)、(株)フージャースコーポレーション、JR西日本不動産開発(株)は27日、新築分譲マンション「プラウドシティ金沢」(石川県金沢市、総戸数287戸)のモデルルームの来場予約を開始したと発表。5月3日より、モデルルームをグランドオープンする。石川県で初の「PROUD(プラウド)」。

 建築予定の金沢駅周辺エリアでは、大規模再開発の推進や、新幹線開通に伴う駅周辺の整備が実施されたことに伴い、旧市街地エリアから駅至近エリアへの住み替えが進んでいる。今後は、2046年に予定される大阪方面への新幹線延伸に伴う人口流入による、さらなる住宅ニーズの増加も期待されており、今回の大規模物件開発に至った。

 同物件は、JR北陸新幹線「金沢」駅徒歩6分に位置。敷地面積3,802.30平方メートル、鉄筋コンクリート造地上15階建て。間取りは1LDK~4LDK、専有面積は54.32~167.70平方メートル。

 居住者のゲストが予約制(有料)で宿泊できるゲストサロン、テレワークスペースとしても利用可能なワークブース、キッチン付きのパーティルームなど、充実した共用設備を備える。
 専有部については、最上階にオーダーメイド対応可能なプレミアムプランを用意。バルコニーハイサッシ、天井カセット型エアコン、洗面ダブルボウル等に対応する。

 6月中旬から販売を開始する予定。販売戸数、価格などは未定。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

テレワーク

働き方のひとつで、情報通信機器等を活用して時間や場所の制約を受けずに柔軟に働く方法をいう。事業所に出勤せずに家で作業する在宅勤務、個人が委託・請負によって作業する在宅ワークなどがあるが、情報通信技術を幅広く活用することが特徴である。 テレワークにおいては、住宅が職場ともなり得る。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/6/13

「記者の目」更新いたしました

ICTで変化・多様化する本人確認手法』をアップしました。
本人確認については免許証や保険証、パスポート等で行なわれることが一般的でしたが、最近ではICTの活用やオンライン取引の普及により生体認証が用いられるシーンも増えているそう。今回はオフィスで行なわれている最新の実証実験等を紹介します。