不動産ニュース / 団体・グループ

2022/5/27

埼玉宅協新会長に飯田成寿氏

埼玉宅協の新会長に選任された飯田氏(写真左)

 (公社)埼玉県宅地建物取引業協会は26日、ロイヤルパインズホテル浦和(さいたま市浦和区)にて定時社員総会を開催。2021年度の事業報告などを行なった。また、改選期に当たり、理事の選任が行なわれ、飯田成寿(いいだ・せいじ)氏(越谷支部支部長、飯田観光開発(株)代表)が新会長に選ばれた。

 21年度は、同協会本部・支部において宅地建物取引に関する相談会を630回行ない、3,533件の相談を受け付けた。また、宅地建物取引に関する普及啓発として、ハトマーク不動産セミナーや宅地建物取引業協会オープンセミナー、不動産フェア(展示会)等を実施した。

 会員研修については、まちづくりに積極的に関わる地域のローカルスターを育成するための「タウンマネジメント・スクール」ほか、不動産業務のDX化を学ぶITスキルセミナーなどを行なった。

 3月末時点の会員数は、5,049社(前年比5社増)。「ハトマークブランディング戦略」等、積極的な広報PR活動に取り組んだ結果、新規入会者数は14年ぶりに200社超となる208社となり、減少傾向にあった会員数は16年ぶりにプラスに転じた。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。