不動産ニュース / 調査・統計データ

2022/6/28

住宅ローン金利見通し、「現状よりも上昇」4割近くに

 (独)住宅金融支援機構は28日、住宅ローン利用者の実態調査結果(2022年4月調査)を発表した。21年10月から22年3月までに住宅ローン(フラット35含む)の借り入れをした20~60歳を対象に調査を実施。有効回答者数は1,500人(うちフラット35利用者は85人)で、調査実施期間は22年4月28日~5月6日。

 利用した金利タイプは「変動型」が73.9%(21年10月調査:67.4%)と7割を超え、固定期間選択型が17.3%(同:21.7%)、全期間固定型が8.9%(同:10.9%)と減少した。

 融資率については、全タイプで融資率「90%超100%以下」の利用割合がもっとも高く、変動型32.9%、固定期間選択型19.3%、全期間固定型23.3%となった。

 今後1年間の住宅ローンの金利の見通しについて聞いたところ、「現状よりも上昇する」が39.2%(同:23.1%)と4割近くまで上昇。一方で、「ほとんど変わらない」は46.1%(同:63.1%)となった。

 住宅ローンを選んだ理由については、フラット35以外の住宅ローン利用者は「金利が低い」が70.6%で最多に。一方フラット35利用者は、「返済額を確定しておきたかった」が44.7%でトップとなった。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。