不動産ニュース / 調査・統計データ

2022/10/26

東京23区オフィス空室率、4%台に

 (株)ザイマックス不動産総合研究所は26日、「オフィスマーケットレポート東京 2022Q3」を発表した。

 当期(22年7~9月期)の東京23区オフィス空室率は4.02%(前期比0.11ポイント上昇)となった。空室率が4%台となったのは、15年Q3以来7年ぶり。解約予告済み・募集中の面積を加えた募集面積率は、6.11%(同0.2ポイント減少)となった。空室率が上昇する一方で募集面積率が低下したのは、企業のオフィス需要が底堅く、解約が増加する中でも解約予告日から退去までの間に次のテナント契約が決定するケースがみられることなどが要因。また、空室の顕在化や長期化を嫌がって早期の成約を目指す貸し主のスタンスが強いことにもよる。

 空室増減量は、増加が19万2,000坪、減少が17万8,000坪と、10四半期連続で増加面積が減少面積を上回った。増加・減少ともに前期から増えており、テナントの移転が活発化していることがわかる。

 新規賃料の水準を示す新規成約賃料インデックスは、91(同6ポイント上昇)。新規賃料が上昇した物件の割合から下落した物件の割合を引いた成約賃料DIはマイナス21(同2ポイント下落)であり、8四半期連続でマイナスとなった。

 フリーレント(FR)付与率は、1日以上付与率が65.5%(同5.6ポイント低下)、2ヵ月以上付与率が50.6%(同5.5ポイント低下)である一方、6ヵ月以上付与率は20.7%(同2.4ポイント増加)となった。空室を長く抱えたビルが長期のフリーレントを付与することでテナント誘致を促していることが伺える。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。