不動産ニュース / 開発・分譲

2023/1/19

麻布十番で住宅・商業・オフィスの大規模複合開発

「三田小山町西地区第一種市街地再開発事業」完成予想図

 三井不動産レジデンシャル(株)、日鉄興和不動産(株)、三菱地所レジデンス(株)、(一財)首都圏不燃建築公社は19日、4社が参加組合員として参画する「三田小山町西地区第一種市街地再開発事業」(東京都港区)がこのほど、東京都から権利変換計画の認可を受けたと発表した。

 同事業は、都営地下鉄他「麻布十番」駅からほど近い約2.5haの土地に、3棟で構成される共同住宅(約1,400戸)をはじめオフィスや店舗、公園を一体的に開発するもの。細分化された土地の集約化や建物の不燃化等で防災性の向上、近隣エリアへ連続する動線やエリア全体の回遊性・利便性を高め、地域住民が憩い・交流できる空間整備を目指す。

 街区を南北に分け、北街区にはオフィスと住宅A棟、南街区には住宅B、C棟と公園を整備する予定。建物は地上42階建ての高層棟を中心として、延床面積は約17万7,600平方メートル。また、古川沿いには約2,500平方メートルに及ぶ南北に長い公園を整備するほか、地区内を横断する区画道路を整備することで、麻布十番エリアの回遊性を向上させる。

 同事業は、1994年に再開発準備組合が設立され、2016年に都市計画決定。20年に本組合が設立されていた24年度に本体工事着工、28年度に竣工を予定している。

この記事の用語

市街地開発事業

市街地を開発または整備する事業のこと。 具体的には、都市計画法第12条に掲げられた次の6種類の事業を「市街地開発事業」と呼ぶ。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年2月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
2022年、不動産業界で何が起こった?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/1/24

「記者の目」更新いたしました

美味しい“サードプレイス”の提供でまちににぎわいを」を更新しました!
近年、不動産事業者が、地域に人を呼び込み、まちを活性化する動きがみられている。
今回は拓匠開発を取材。本社近くの空き施設を入手してコンバージョンし、飲食店舗をオープンしたという。地域の変化、住民の反応は?