不動産ニュース / 調査・統計データ

2023/1/25

東京23区オフィス空室率、11四半期ぶりに低下

 (株)ザイマックス不動産総合研究所は25日、「オフィスマーケットレポート東京 2022Q4」を発表した。

 当期(22年10~12月期)の東京23区オフィス空室率は11四半期ぶりに低下。3.88%(前期比0.14ポイント減少)となった。解約予告済み・募集中の面積を加えた募集面積率は、5.81%(同0.3ポイント減少)。一般的に、企業の景況感が改善してオフィス需要が活発化すると空室率は減少する傾向にある。しかし、日銀の政策変更や為替動向、インフレ懸念など日本経済を取り巻く環境が不透明である中、空室率の下落が継続するかの判断は難しいとしている。

 空室増減量は、増加が12万8,000坪、減少が15万5,000坪と、11四半期ぶりに空室の減少が増加を上回った。前期と比較し新規竣工が少なかった影響などもあり、空室増加面積、空室減少面積ともに減少している。

 新規賃料の水準を示す新規成約賃料インデックスは87(同4ポイント下落)。新規賃料が上昇した物件の割合から下落した物件の割合を引いた成約賃料DIはマイナス11(同10ポイント上昇)と上昇したものの、9四半期連続でマイナスとなった。

 フリーレント(FR)付与率は、1日以上付与率が61.5%(同4.0ポイント低下)、2ヵ月以上付与率が50.9%(同横ばい)、6ヵ月以上付与率は19.5%(同1.2ポイント下落)となった。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年3月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
賃貸仲介・管理業の10年後
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/2/1

「海外トピックス」更新しました!

まるで動くマンション!いまRV市場が熱い【アメリカ】」配信しました。
アウトドア大国アメリカで近年売り上げを伸ばすのが、キャンピングカー(RV)。コロナ禍に伴うリモートワークの浸透や、インフレによる家賃高騰などを受け、幅広い世代でブームとなっている。現地ライターがその裏側を取材!