不動産ニュース / 開発・分譲

2023/2/9

東京・三河島の再開発組合が設立認可

「三河島駅前北地区第一種市街地再開発事業」完成予想図

 東京都は7日、「三河島駅前北地区第一種市街地再開発事業」の市街地再開発組合の設立を認可した。同再開発事業には、三井不動産レジデンシャル(株)、野村不動産(株)、三菱地所レジデンス(株)が権利者と共同する形で参画している。

 JR常磐線「三河島」駅前の約1.5haの区域に、住宅・商業・業務・多目的アリーナ等の都市機能を集積する複合再開発。整備する建物は地上43階地下1階建て、高さ約160m、延床面積は9万1,297平方メートル。高層部を住宅、低層部を商業・業務と多目的アリーナで構成する。総事業費は約457億円。

 建物の不燃化だけでなく、狭隘道路の拡幅や浸水対策などによる地域防災への貢献が期待できる。多目的アリーナを2階レベルに配置することで、浸水時に避難スペースとして機能させる。

 また、敷地外周部には歩道上空地や広場を整備して緑化を図る。外周道路は無電柱化することで安全かつ快適な歩行者空間を形成する。

 今後、2024年に権利変換計画の認可を得て、同年12月に着工。竣工は28年3月を計画している。

この記事の用語

市街地再開発事業

都市計画で定められた市街地開発事業の一つで、市街地の合理的で高度な利用と都市機能の更新を目的として実施される事業をいう。既成市街地において、細分化されていた敷地の統合・共同化、共同建築物の建設、公共施設の整備などを行なうことにより、都市空間の高度な利用を実現する役割を担う。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年5月号
住宅確保要配慮者を支援しつつオーナーにも配慮するには?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/4/5

「月刊不動産流通2024年5月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年5月号」の発売を開始しました。

さまざまな事情を抱える人々が、安定的な生活を送るために、不動産事業者ができることとはなんでしょうか?今回の特集「『賃貸仲介・管理業の未来』Part 7 住宅弱者を支える 」では、部屋探しのみならず、日々の暮らしの支援まで取り組む事業者を紹介します。