不動産ニュース / その他

2023/5/22

35年までに総資産1兆円に/ダイビル

 ダイビル(株)は22日、2035年を最終年度とする「ダイビルグループ中長期経営計画2035“BUILD NEXT.”」を策定した。

 35年のビジョン・ありたい姿を、(1)オフィス賃貸事業の安定的な成長に加え、アセットタイプの多様化や事業の多角化による一層の成長を実現。人々がもっとたのしさと誇りを感じる“まち創り”を推進する、(2)まちづくりや新たな価値創造により、顧客やグローバル・ローカル社会とともに社会課題の解決に向け“時代を拓いて”いく、と定めた。

 その実現に向け、「国内事業」「海外事業」「新規事業」分野におけるアクションプランを策定。国内事業では、都心・地方大型オフィス、都心型商業ビルなどの新規物件の取得、既存物件の建て替え、再開発によるまちづくりを推進していく。海外事業においては、ベトナム・オーストラリアといったすでに投資を実施している国での事業を拡大するほか、新規国への投資も行なう。新規事業では、シェアオフィス事業やPM・BMといったフィービジネスの拡大を進めるなど、ビジネスモデルの多角化を目指す。
 戦略促進に向け、商船三井グループとのシナジーも高めていく。

 こうした取り組みにより、35年までに税引前利益250億円、総資産1兆円を目指す。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年7月号
建物の維持管理、今後重要視されます
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。