不動産ニュース / 政策・制度

2023/8/10

「マンション政策あり方研」がとりまとめ

 国土交通省は10日、「今後のマンション政策のあり方に関する検討会」のとりまとめを公表した。

 同検討会はマンションそのものと居住者の「2つの高齢化」に対応するため、法制審議会との車の両輪として、マンションの管理・修繕・再生のための施策について総合的に検討するために2022年10月の初会合以来、9回にわたって議論を重ねてきた。

 検討会では、「マンションの長寿命化」や「修繕積立金の安定確保」「管理不全マンションへの対応」「円滑な建て替え事業等に向けた環境整備」などの幅広いテーマにおいて、現時点で考えうる政策の方向性をマンション政策全般に係る大綱としてまとめた。

 また、検討内容のうち、(1)マンション管理計画認定制度の認定基準見直し、(2)マンション標準管理規約の見直し、(3)管理業者が管理者となる場合も含めた外部専門家の活用のあり方の3点については、24年秋ごろをめどにワーキンググループを設置して施策具体化に向けて検討をスタートする。

 今後は、管理組合等において管理適正化や再生円滑化に向けた議論を促す観点から、検討会で取り上げた課題や議論経過、とりまとめ内容について広く周知していくという。

関連記事
「国交省、マンション長寿命化に向けた環境整備へ」(7月24日)

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。