不動産ニュース / ハウジング

2023/9/5

ネット・カーボンマイナス賃貸住宅の実用化へ

 大和ハウス工業(株)、大和リビング(株)は5日、エネルギー事業を展開する(株)サンワと共に、サンワが事業主となる賃貸住宅「(仮称)エコンフォート前橋駒形」(群馬県前橋市、総戸数16戸)で、ネット・カーボンマイナス賃貸住宅の実用化に向けた実証実験を12月より開始すると発表した。

 同物件は2棟構成で、敷地面積約1,983平方メートル、延床面積935平方メートル、軽量鉄骨造地上2階建て。専有面積は52.51~ 64.46平方メートル、間取りは2LDK。全戸ZEH仕様かつ住棟単位で「ZEH-M」の基準を満たし、建築物省エネルギー性能表示制度「BELS」による第三者認証を取得している。竣工・入居開始は2023年12月の予定。

 実証実験では、「全天候型3蓄電池連携システム」とカーボンニュートラルLPガスを導入。3社でエネルギーの供給状況、稼働率、余剰電力のデータを集積し、分析・評価を行なう。期間は23年12月27日~25年12月26日。

 「全天候型3蓄電池連携システム」は、太陽光発電システムとエネファーム、家庭用リチウムイオン蓄電池を大和ハウス工業が開発した「切替盤」で連携。停電時の電力と給湯を確保し、通常時の光熱費を削減するシステム。雨天時でも約10日間の電力・給湯を確保できる。また、カーボンニュートラルLPガスは、原料採取や最終利用までのすべての過程で排出されるCO2を森林管理等による環境保全活動で差し引き、実質排出量「ゼロ」としたプロパンガス。

 実験結果を踏まえ、高効率な利用方法やエネルギー制御システムの改善・開発、導入コストの削減など、最適な提案・技術的な進展およびネット・カーボンマイナス賃貸住宅の実用化を目指す。また両社が培ったノウハウを生かして、災害時のストレスを低減する間取り・サービスや、IoT連携の提案も行なっていく。

この記事の用語

ZEH

年間に消費する正味(ネット)のエネルギー量がおおむねゼロ以下となる住宅。ZEHは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略称で、和製英語である。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/24

記者の目を公開しました

人身売買被害者からホテル経営者へ(前編)~どん底生活からのアメリカンドリームストーリー」を更新しました。
インドで生まれたPareshkumar Patel氏。10代で人身売買被害にあった過去を持つが、なんと今では多数のホテルを所有し成功を収めるなどアメリカンドリームをつかみ取った。
コンテナに押し込められいつ買われるのかとおびえる日々から、どのようにして大逆転を果たしたのか。半生を振り返る。