不動産ニュース / 開発・分譲

2024/6/13

東池袋駅直結のタワマンの販売好調/住友不

「グランドシティタワー池袋」完成予想図

 住友不動産(株)が三井住友信託銀行(株)と共同で開発・販売している分譲マンション「グランドシティタワー池袋」(東京都豊島区、総戸数878戸(うち非分譲住戸105戸))」の販売が好調に推移している。東京メトロ有楽町線「東池袋」駅直結、長期優良住宅かつZEH-M Oriented仕様、区内最大規模のタワーマンションなどのセールスポイントで訴求。1期60戸が完売するなど、これまで供給した120戸中、約100戸が販売済み。

 同物件は、「東池袋」駅徒歩1分に立地。敷地面積は約8,700平方メートル、鉄筋コンクリート造一部鉄骨造地上52階地下2階建て。竣工は2026年11月予定。スケールメリットをいかし、キッズ&ペアレンツスペース、スタディルーム、フィットネスルーム、防音スタジオ、テレワークラウンジなどの共用施設を充実。4階にはコンセプトの異なる4室のゲストルーム、30階にはスカイラウンジ・パーティルームを設ける。

 住戸は1LDK~3LDK、専有面積約45~104平方メートル。二重床二重天井、天井高は約2,600mm、バルコニー奥行2,000mm。サッシ高2,100mm。御影石キッチン天板・洗面カウンター・トイレ手洗いカウンター、タイル張りバスルーム、ディスポーザー、食洗機、ミストサウナ、リビングビルトインエアコン、床暖房などが標準。

 22年11月から問い合わせ受け付けを開始。これまでのエントリー数は約5,000件。オンライン見学会への参加数は約1,500件、池袋の総合マンションギャラリーに設けたモデルルームの内覧者数は約600件。23年10月より販売を開始。全体の坪単価は約750万円。

 購入意向者の3割強が地元豊島区在住者だが、4割弱が23区在住、18%がその他首都圏と広域に集客。都内全域のタワーマンションとの併行検討者が多い。9割が実需層で、会社役員や会社経営者など。3期販売を7月下旬から開始する予定。

モデルルーム

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。