不動産ニュース / 開発・分譲

2024/6/13

NTTUD、大阪・八尾市で初の物流施設開発

 

「(仮称)八尾市物流施設計画」完成イメージパース

 NTT都市開発(株)は13日、物流施設「(仮称)八尾市物流施設計画」の着工を発表した。同社初となる物流施設開発。

 西名阪自動車道「藤井寺IC」から約3.3km、西日本電信電話(株)の八尾独身寮跡地に建設する。JR関西本線「志紀」駅から徒歩8分で、就業者の人材確保においても有利な立地。

 敷地面積約1万1,850平方メートル、鉄骨造4階建てのボックスタイプで、延床面積は約2万4,230平方メートル。2区画への分割が可能な計画としており、シングルテナント・マルチテナントのどちらにも対応可能とする。

 倉庫スペースの一部に空調を実装し、労働・保管環境にも配慮。さらにBCP対策として、最大48時間稼働な非常用発電機を導入。防災設備の稼働・災害時の執務対応を可能とする。

 環境性能確保に向けては、全館LED照明とするほか、太陽光パネルを設置。基準一時エネルギー消費量に対し48%を削減、BELSの5つ星、およびCASBEE大阪みらいのAランク(総合評価4つ星)を取得している。

 竣工は2025年8月下旬の予定。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

BTS型・マルチテナント型(物流施設の〜)

物流施設の種類は、その性格によって、大きくBTS型とマルチテナント型に分けることができる。(1)BTS型特定のテナントの要望に応じてオーダーメイドで建設され、賃貸される物流施設。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。