不動産ニュース / リフォーム

2017/3/6

博多の団地で、DIY可能リノベ住戸/UR都市機構

「sacca sumocca(サッカ・スモッカ)」モデルルーム
「sacca sumocca(サッカ・スモッカ)」モデルルーム

 (独)都市再生機構(UR都市機構)九州支社は、「堅粕三丁目団地」(福岡市博多区)にて、内装プランを入居者が決定できるリノベーション住戸「sacca sumocca(サッカ・スモッカ)」の募集を開始する。

 「創作系賃貸」をテーマに、備え付けの柱や壁を最小限にし、間取り、収納、照明の位置などを入居者が自由に選択できるプラン。棚や絵画等を設置できるよう下地処理したフリーアレンジウォールや打ち付け可能な柱、自由にハンガーパイプなどを設置できる梁、照明の位置を移動できるライティングレール、空間を間仕切るためのカーテンレールなどを採用した。同プランは同社若手職員の企画によるもの。

 今回公開するモデルルーム(1戸)では、アンティーク家具ショップ「eel」の協力を得ている。

 間取りはワンルーム、専有面積は49.23平方メートル。家賃6万2,500円。一般公開・入居者募集は、10~12日、17~19日。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。