不動産ニュース / 政策・制度

2019/8/23

被災宅地の危険度判定でマニュアル/国交省

 国土交通省は、大規模地震時の円滑な被災宅地の危険度判定に向けて「広域支援マニュアル」と「情報共有マニュアル」を策定。22日に公表した。

 地震時には多くの宅地被害が生じ、特に広域な被災の場合は、2次災害防止や復旧に向け、迅速に被災宅地危険度判定体制を整え、判定を進めることが重要となる。そこで、広域に被災した場合に備えて「被災宅地危険度判定広域支援マニュアル」と「被災宅地危険度判定結果の情報共有マニュアル」の2つのマニュアルをまとめた。2017~18年度に、熊本県、仙台市、(独)都市再生機構、(公社)全国宅地擁壁技術協会等からヒアリングなどを実施し、策定した。

 「被災宅地危険度判定広域支援マニュアル」は、地震発生後に、直ちに、被災宅地数を推計し、それを基に必要な判定士を算出することや、判定活動をどのエリアから着手すべきかの判断方法を示している。一方、「被災宅地危険度判定結果の情報共有マニュアル」は、被災者が、復旧の目安に活用したり、被害状況が一覧できるよう、汎用性のある地理情報システムのデータフォーマットで整理する方法を紹介している。

 今後、同マニュアルを基に、都道府県等からなる「被災宅地危険度判定連絡協議会」とも連携し、より迅速に効果的な被災宅地の危険度判定を実施していく。マニュアル全文については、国土交通省ホームページに掲載している。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

国土交通省

国の行政事務を分担管理する機関のひとつ。国土交通省設置法に基づいて設置され、その長は国土交通大臣である。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年3月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

日々の業務フローでICTを積極的に活用、業務効率化や集客力アップにつなげている事業者を取材!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/2/25

「記者の目」更新しました!

分譲マンションにも『働き方改革』の波」配信しました。
近年、「ワークスペース」をウリにした新築マンションが増えてきているのをご存じだろうか。その背景には、共働き世帯の増加や、テレワーク、副業など多様な働き方の定着がある。今回、郊外型・都市型マンションそれぞれで、ワークスペースを設けたマンションを紹介。その工夫と特徴をレポートする。