不動産ニュース / 調査・統計データ

2022/11/9

空き家・空き地の取引、「増えた」が32%

 不動産情報サービスのアットホーム(株)は9日、加盟店を対象に行なった「『空き家・空き地』の取引等に関する実態・意識調査」の結果を発表した。

 調査は9月6~13日、全国のアットホーム加盟店を対象にメール配信によるウェブアンケート形式で実施。1,065サンプルを集めた。

 全回答のうち、空き家・空き地の取引にかかわったことがあると回答したのは67.8%と、約7割に上った。かかわったきっかけについて聞くと、「所有者からの依頼」が91.7%と大半を占めた。これ以外では、「買い手・借り手からの依頼」が21.7%、「自治体からの依頼」が10.2%となった。買い手・借り手からの依頼では、賃貸店舗運営や投資を目的としたものが多かったという。

 前年に比べて空き家・空き地を取引する割合が変化したかどうかを聞くと、「変わらない」が61.9%と過半となったものの、「増えた」という回答が32.1%と「減った」の6.0%を大きく上回った。

 「特定所有者不明土地」については、43.8%が「知っている」と回答。「相談を受けたことがある」という回答は23.4%で、その内容は「隣地購入」が最も多く、次いで「隣地所有者からの相談」「所有者の特定・調査」となった。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

所有者不明土地

探索しても所有者を確知できない土地。所有者が不明な場合のほか、所有者の所在が分からない場合も含まれる。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年6月号
「特定空家」にしないため…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/23

「記者の目」を公開しました

記者が興味を持ったテーマを徹底取材する「記者の目」を更新しました。

今回更新したのは、「インフラゼロへの挑戦」。皆さんは、(株)MUJI HOUSEが、既存のライフラインに依存せず、エネルギーを自給自足できる設備を整えたトレーラーハウス「インフラゼロでも暮らせる家」の商品化を目指しているのをご存じですか?同社は昨年3月に実証実験「ゼロ・プロジェクト」を開始。2025年の実用化を目指し、今年4月にはプロトタイプを報道陣に公開しました。写真も交えつつをレポートします。「未来の家」が垣間見えるかもしれません。