不動産ニュース / 団体・グループ

2022/11/14

所有者不明土地関連の制度改正を説明/全宅連

 (公社)全国宅地建物取引業協会連合会は14日、全国の都道府県宅建協会会員を対象としたウェブセミナー「令和5年4月からいよいよ施行!!所有者不明土地関連法~改正法の施行で不動産実務がどう変化するか~」を実施。約700人が聴講した。

 セミナーでは、法務省民事局民事第二課長の藤田正人氏が、2023年4月に施行となる相続土地国庫帰属法など、所有者不明土地関連法について解説した。

 同氏は、所有者不明土地問題について解説した後、23年4月に施行される「民法等一部改正法」「相続土地国庫帰属法」、24年4月に施行予定の不動産登記法の改正について概要やその狙いを説明。民法等の改正では、隣地からの越境した枝の切り落としなどについて隣地の所有者が不明だった場合の対処するための方策を定めているほか、共同所有者のうちに所在不明者がいる場合に処分や利活用の意思決定をしやすくするなど、スムーズな土地活用ができるような制度改正を行なう。

 「これらの新制度は、所有者が分からずに取引や活用ができなかった土地を、より流通・利活用しやすくするための法改正だ。法務省が実施した調査では、相続関連のことを不動産会社に相談したいという回答が1割以上あった。相談される機会も増えるだろう。23年4月の新制度開始までに準備していただきたい」(藤田氏)。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

所有者不明土地

探索しても所有者を確知できない土地。所有者が不明な場合のほか、所有者の所在が分からない場合も含まれる。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年1月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
地元で目立つ企業になるには…?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/12/5

月刊不動産流通2023年1月号好評発売中!

「月刊不動産流通2023年1月号」が好評発売中です。ご購入は弊社ショップサイトから。
特集「活躍する地場企業の戦略を探る-2023」では、全国の不動産事業者12社を取材。地元で目立っている事業者はどのような経営戦略を練り、どのような事業を展開しているのか。レポートしています。ぜひご覧ください。