不動産ニュース / 開発・分譲

2019/7/29

大和物流、物流施設に製品整備機能を付加

「(仮称)草加物流センター」完成予想図

 大和ハウスグループの大和物流(株)は、物流施設「(仮称)草加物流センター」(埼玉県草加市)を30日に着工する。

 同社と荷主企業のサンデン・リテールシステム(株)(SDRS)が共同で、2016年10月に施行した改正物流総合効率化法の認定を受けた施設。同法は、二者以上が連携して物流を総合的・効率的に実施することで物流コスト削減や環境負荷の低減を図る事業を計画認定し、法人税・固定資産税の減免や市街化調整区域での開発許可に関して配慮する内容で、今回の施設は埼玉県内で今年度初の認定となる。同社の物流施設で同法の認定を受けたのは3拠点目となる。

 従来は、ショーケースや冷却ユニットなどのSDRS製品の納入先で整備が必要になった場合に、既存の物流センターを介して工場に返送する必要があった。今回、設計段階からSDRSの専用仕様にすることで施設のレイアウトを最適化し、整備機能を付設。物流全体の効率化を図った。

 同施設はJR「越谷レイクタウン」駅より約2.0kmで、東京外環自動車道「外環三郷西IC」より約4.4kmに位置する。敷地面積は1万4,482.00平方メートル。建物は鉄骨造地上2階建て1万4,453.02平方メートル。竣工は20年5月末の予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年2月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
2022年、不動産業界で何が起こった?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/1/24

「記者の目」更新いたしました

美味しい“サードプレイス”の提供でまちににぎわいを」を更新しました!
近年、不動産事業者が、地域に人を呼び込み、まちを活性化する動きがみられている。
今回は拓匠開発を取材。本社近くの空き施設を入手してコンバージョンし、飲食店舗をオープンしたという。地域の変化、住民の反応は?