不動産ニュース / 開発・分譲

2023/10/3

神戸市垂水区の再開発を着工/野村不

 野村不動産(株)は3日、参加組合員として参画して事業を進めている「垂水中央東地区第一種市街地再開発事業」(神戸市垂水区)の起工式を執り行ない、着工したと発表した。

 同再開発は、JR「垂水」駅・山陽電鉄「山陽垂水」駅の北側で、施行区域面積は約0.7ha。駅に近接する利便性の高さの一方、周辺にまとまったオープンスペースがなく老朽化した木造家屋が密集していることから防災面で問題を抱えていた。再開発を通じて災害に強いまちづくり、商業・生活の利便施設整備などによって地域活性化や防災機能の強化などといった都市機能の更新を図る。

 計画する建物は、鉄筋コンクリート造地上32階建ての住宅・商業機能を備えた複合ビル。同社が分譲する住宅等の周囲に、個性ある商業施設を整備していく。敷地南側の貫通道路や敷地の北東部・南西部に配置した滞留広場によって周辺地域への回遊性を向上させ、垂水エリアの新たなランドマークを目指す。

 建物は免震構造を採用し、受変電設備等は2階以上に配置。10フロアごとに防災備蓄倉庫を整備することで、安心・安全な住まいづくりに寄与する。

 竣工は2026年3月の予定。

この記事の用語

市街地再開発事業

都市計画で定められた市街地開発事業の一つで、市街地の合理的で高度な利用と都市機能の更新を目的として実施される事業をいう。既成市街地において、細分化されていた敷地の統合・共同化、共同建築物の建設、公共施設の整備などを行なうことにより、都市空間の高度な利用を実現する役割を担う。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。