JREITの不動産ニュース一覧

2017/5/2

不動産ニュース 2017/5/2

新橋のオフィスビルを追加取得/NBF

日本ビルファンド投資法人(NBF)はこのほど、オフィスビル「興和西新橋ビルB棟」(東京都港区)の追加取得を決定した。同物件は、鉄骨・鉄骨鉄筋コンクリート造陸屋根地下2階付16階建て、敷地面積2,449.40平方メートル、延床面積2万180.42...

2017/4/24

2017/4/20

不動産ニュース 2017/4/20

分配金は4,800円/DHR17年2月期

大和ハウスリート投資法人(DHR)は19日、2017年2月期決算を発表した。当期(16年9月1日~17年2月28日)は、営業収益175億3,100万円(前期比80.9%増)、営業利益55億6,700万円(同40.6%増)、経常利益44億7,40...

2017/4/19

不動産ニュース 2017/4/19

名古屋の賃貸マンションを取得/MRR

マリモ地方創生リート投資法人(MRR)は17日、賃貸マンション「アルティザ東別院」(名古屋市中区)の不動産信託受益権の取得を発表した。物件は、名古屋市営地下鉄名城線「東別院」駅から徒歩4分に立地。

2017/4/18

不動産ニュース 2017/4/18

分配金は8,428円/NAF17年2月期

日本アコモデーションファンド投資法人(NAF)は18日、2017年2月期決算を発表した。当期(16年9月1日~17年2月28日)は、営業収益106億5,000万円(前期比0.3%増)、営業利益47億1,700万円(同3.3%増)、経常利益41億...

2017/4/17

不動産ニュース 2017/4/17

分配金は1万1,626円/SIAR17年2月期

SIA不動産投資法人(SIAR)は14日、2017年2月期決算を発表した。当期(16年9月1日~17年2月28日)は、 営業収益33億4,900万円(12.9%)、 営業利益14億3,100万円(同21.6%増)、 経常利益11億100万円(同...

2017/4/14

不動産ニュース 2017/4/14

分配金4,570円に/JRF17年2月期

日本リテールファンド投資法人(JRF)は13日、2017年2月期決算を発表した。当期(16年9月1日~17年2月28日)は、営業収益315億8,500万円(前期比14.8%減)、営業利益139億8,100万円(同1.0%増)、経常利益116億6...

不動産ニュース 2017/4/14

分配金は3,252円/OJR17年2月期

オリックス不動産投資法人(OJR)は14日、2017年2月期決算を発表した。当期(16年9月1日~17年2月28日)は、営業収益222億300万円(前期比9.0%増)、営業利益106億5,000万円(同16.3%増)、経常利益91億2,100万...

不動産ニュース 2017/4/14

稼働率100%を維持/JSL17年2月期

ジャパン・シニアリビング投資法人(JSL)は13日、2017年2月期決算を発表した。当期(16年9月1日~17年2月28日)は、営業収益9億8,800万円(前期比0.9%増)、営業利益3億7,400万円(同0.4%減)、経常利益3億300万円(...

不動産ニュース 2017/4/14

分配金は2,207円/GLP17年2月期

GLP投資法人(GLP)は13日、2017年2月期決算を発表した。当期(16年9月1日~17年2月28日)の営業収益は140億6,500万円(前期比14.6%増)、営業利益74億7,100万円(同18.1%増)、経常利益62億9,800円(同1...

  1. 28
  2. 29
  3. 30
  4. 31
  5. 32

検索オプション

※ 複数のワードを入れるときはスペースを空けてください

含む
含まない
検索対象
カテゴリ
並べ替え
期間

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年2月号
日々の実務に役立つ情報満載です

特集では、2019年の不動産業界をめぐる出来事を総ざらい!ぜひご一読を。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/1/7

「記者の目」更新しました!

あえて“2割”が欲しがるマンション」更新しました!
今後消費の中心となるミレニアル世代向けに、各社が同世代向け住宅やホテル開発を活発化させています。「デジタルネイティブ」と呼ばれる彼らは、それ以前の世代と比べ価値観も大きく異なります。今回は、あえて“少数意見”に着目して開発したマンションプランを紹介!開発のポイントは……「アンバランス」!?