ZEHの不動産ニュース一覧

2018/3/26

不動産ニュース 2018/3/26

ZEH普及に向けたとりまとめ案、パブコメ

経済産業省は23日、「ZEHロードマップフォローアップ委員会とりまとめ(案)」のパブリックコメントを開始した。ZEHについては、2014年に閣議決定した「エネルギー基本計画」において、「20年までに標準的な新築住宅で、30年までに新築住宅の平均...

2018/3/16

不動産ニュース 2018/3/16

「ZEH+」「集合ZEH」への対応を検討/プレ協

(一社)プレハブ建築協会は15日、報道関係者を対象に2017年度の住宅部会活動状況報告会を開催した。住宅部会は、3つの委員会(プラン推進・CS品質・瑕疵保証基金実施)と、8つの分科会(技術・環境・広報企画・労務安全・公住・展示場・住宅ストック・...

2018/3/13

不動産ニュース 2018/3/13

PV搭載住戸の64%でエネルギーゼロ

積水化学工業(株) 住宅カンパニーは13日、太陽光発電システム(PV)とHEMS搭載住宅のエネルギーゼロ達成度および蓄電池の運転実績調査の結果を発表した。エネルギーゼロ達成度調査の対象は、2016年1~12月の間に入居済みのセキスイハイム住宅2...

2018/3/12

2018/3/8

不動産ニュース 2018/3/8

増収増益/積水ハ 18年1月期決算

積水ハウス(株)は8日、2018年1月期決算(連結)を発表した。当期(17年2月1日~18年1月31日)は、連結売上高2兆1,593億6,300万円(前期比6.5%増)、営業利益1,955億4,000万円(同6.2%増)、経常利益2,036億7...

2018/2/16

2018/1/16

不動産ニュース 2018/1/16

エネファーム採用台数1万台達成/積水H

積水ハウス(株)は16日、同社が建設する新築戸建てにおいて、東京ガス(株)の販売する家庭用燃料電池「エネファーム」の採用台数が1万台に達したと発表した。「エネファーム」は、省エネ・省CO2といった地球環境への配慮に加え、電力ピークカットへの貢献...

2018/1/5

不動産ニュース 2018/1/5

「2018年 年頭挨拶」(業界団体等)

国土交通大臣および住宅・不動産業界団体トップが発表した年頭所感は、以下の通り。(順不同)国土交通大臣石井啓一氏 (一社)不動産協会理事長菰田正信氏 (公社)全国宅地建物取引業協会連合会会長伊藤 博氏 (公社)全日本不動産協会理事長原嶋和利氏 (...

不動産ニュース 2018/1/5

「2018年 年頭挨拶」(各社)

不動産および住宅会社や関連会社各社のトップは、下記のような年頭所感を述べた。(順不同)三井不動産(株)代表取締役社長菰田正信氏三菱地所(株)執行役社長吉田淳一氏住友不動産(株)代表取締役社長仁島浩順氏東急不動産ホールディングス(株)代表取締役社...

2017/12/26

不動産ニュース 2017/12/26

ZEH+AI+IoTの住宅を提案/アキュラホーム

(株)アキュラホームは、2018年春に開催する全国一斉フェアで、ZEH+AI+IoT機器導入による「MIRAI ZEH-NEO(ミライ ゼッチ‐ネオ)」を販売する。太陽光発電7.25kWを標準搭載し、さらにオール電化住宅、省令準耐火構造の住宅を...

  1. 3
  2. 4
  3. 5
  4. 6
  5. 7

検索オプション

※ 複数のワードを入れるときはスペースを空けてください

含む
含まない
検索対象
カテゴリ
並べ替え
期間

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら

講座のご紹介

不動産コンサルティング技能試験合格コース

令和元年度 アットホームスタディ不動産コンサルティング技能試験合格コース
「総合講座」

不動産コンサルティング技能試験唯一の試験対策講座です。 定価37,800円(税込)

詳細はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年6月号 日々の実務に役立つ情報満載です

改正ポイントをチェックして、実務にお役立てを!

ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/5/10

「記者の目」更新しました

築古建物、息を吹き返せるかどうかはアイディア次第」を更新しました。
昨今、遊休化した社宅物件を再生、活用する動きが各所で見られる。今回は、再生が困難なはずの築古の社宅・社寮物件を、持ち前の発想力、マーケティング力で人気物件へと生まれ変わらせた事例を紹介!