不動産ニュース / イベント・セミナー

2024/6/6

ESG投資などテーマにJARECOがシンポジウム

パネルディスカッションの模様(右から大西氏、古山氏、ジェフ氏)

 (一社)日米不動産協力機構(JARECO)は5日、衆議院第一議員会館(東京都千代田区)で2024年度総会およびカンファレンスを開催した。

 総会では、23年度の事業報告、24年度の事業計画が発表された。24年度もシアトルへのホームステイプログラム、NAR国際大会への出席などを実施。例年実施している中川雅之理事長(日本大学経済学部教授)を囲んでの研究会は、「不動産再生の最前線」をテーマに、不動産コンサルティングで地域再生に取り組んでいる実務者等を迎え7月から月1回ペースで開催する。全米リアルター協会(NAR)のABR(認定バイヤーズエージェント)資格や、CIPS(認定国際不動産スペシャリスト資格)講座を開催する。

 カンファレンスでは、「不動産の持続可能な未来」をテーマに、ESG投資への取り組みや気候変動や災害激甚化に対応した不動産業のあり方を議論した。国土交通省不動産・建設経済局不動産市場整備課不動産投資市場整備室長の本田雄治氏は、ESG投資拡大に向けた同省の取り組みを解説。「ESGを重視した不動産投資は欧米に後れを取っていたが、国土交通省でも不動産TCFD対応ガイダンスの公表・改定や、社会的インパクト不動産の実践ガイダンスの公表などを通じて、事業者や投資家等の理解を求めてきた。ESGのSは社会(貢献)のSであり、サスティナビリティのSでもあると認識してほしい」などと訴えた。

 続いて「気候変動や災害激甚化に対応する不動産のあり方」をテーマにしたパネルディスカッションを開催。(株)ザイマックス不動産総合研究所主任研究員の大西順一郎氏、(一財)日本不動産研究所業務部次長ESG支援チームリーダーの古山英治氏、2024年ワシントン州不動産協会会長のジェフ・スマート氏がパネリストとして持論を語った。

 大西氏は「JREITに組み入れられているオフィスビルのほとんどがグリーン不動産である一方、市場全体を見ると中小ビルのほとんどはグリーンビルディング認証を取得していない。既存ビルをグリーン化することでどのようなベネフィットが得られるのか、利回りやリスクはどう変わるのかをオーナーや投資家に分かりやすく説明していく必要がある」とした。古山氏は「ESGにおける最重要課題はレジリエンス。不動産のレジリエンスを向上させるためには、評価ツールなどの普及と活用でそれらを可視化していく必要がある」とした。また、ジェフ氏は「われわれは、不動産開発において緑を増やしていくとうたっている。行政の動きや条例、建築規制、地域住民の意見などを常にウォッチし、テクノロジーをうまく活用して持続可能な開発に取り組んでいくべき」とした。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。