リフォーム・リノベーションの不動産ニュース一覧

2018/10/30

不動産ニュース 2018/10/30

タカラL、相模原でリニューアルマンション

(株)タカラレーベンは28日、分譲マンション「ル・アール東林間THE RESIDENCE」(相模原市南区、総戸数41戸)の販売を開始した。小田急江ノ島線「東林間」駅徒歩11分、小田急小田原線「小田急相模原」駅徒歩14分、同線「相模大野」駅徒歩1...

2018/10/26

不動産ニュース 2018/10/26

学生企画のリノベ住戸が完成。収納に工夫

アドバンス・レジデンス投資法人(ADR)の資産運用会社であるADインベストメント・マネジメント(株)はこのほど、2016年に行なった学生向けコンペティション「第2回 RESIDIA リノベーションデザイン賃貸住環境学生コンペ」の最優秀賞作品の設...

2018/10/25

不動産ニュース 2018/10/25

猫オーナー向けのリノベM/スター・マイカ

スター・マイカ(株)は25日、東京都世田谷区自由が丘にて、猫との暮らしに着目したリノベーションマンションの販売を開始した。ペットとの暮らしを考慮した居住空間へのニーズが高まっていることから、ペット保険シェアNO.1のアニコム損害保険(株)と、ペ...

不動産ニュース 2018/10/25

リノベ団地「ニコイチ」を8戸供給

大阪府住宅供給公社は24日、香里三井団地および香里三井B団地(いずれも大阪府寝屋川市)における2つの住戸を1つにつなげる団地リノベーション住戸「ニコイチ」のプランを発表した。「ニコイチ」は、2015年度より開始した事業。

2018/10/19

不動産ニュース 2018/10/19

和光に映画館付きソーシャルアパートメント

(株)グローバルエージェンツは19日、40棟目となるソーシャルアパートメント「FILMS(フィルムス)和光」(埼玉県和光市、総戸数123戸)のオープンに先立ち、報道陣に公開した。ソーシャルアパートメントとは、賃貸マンション内にラグジュアリーなラ...

2018/10/15

2018/10/12

不動産ニュース 2018/10/12

北海道地震、地質要因で被害拡大/JHS調査

LIXILグループで戸建住宅の地盤調査、建物検査を手掛けるジャパンホームシールド(株)は11日、北海道胆振東部地震(9月6日発生)における調査結果を発表した。現地に調査隊を派遣し、地盤調査・解析の見地から被害状況を調査。

2018/10/11

不動産ニュース 2018/10/11

赤坂に「暮らし発想リノベーション」の初弾

(株)リビタは11日、新たなリノベーションマンションシリーズ「暮らし発想リノベーション」の初弾となる「チュリス氷川坂」(東京都港区、総戸数109戸)707号室の竣工に伴い、プレス向け発表会を開催した。同物件は、東京メトロ千代田線「赤坂」駅徒歩6...

不動産ニュース 2018/10/11

青山に富裕層向けリフォームサロン/ミサワH

ミサワホームグループのミサワリフォーム(株)(旧ミサワホームイング(株))は10日、グループで初めて出店するハイクラス向けのデザインリフォーム専用コンサルティングサロン「ミサワリフォーム AOYAMA SALON」(東京都港区)をマスコミに公開...

2018/10/10

  1. 3
  2. 4
  3. 5
  4. 6
  5. 7

検索オプション

※ 複数のワードを入れるときはスペースを空けてください

含む
含まない
検索対象
カテゴリ
並べ替え
期間

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年3月号

<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/2/12

「記者の目」更新しました

団地空室を惣菜店に。入居者参加型で改修」を更新しました。
人口減少や少子高齢化などで賃貸住宅の空室率が高まる中、住宅のバリューアップなどに各社が取り組んでいます。今回は、大阪府住宅公社が団地内の空き住戸を「惣菜店」へ転用した事例を紹介。買い物に行くのが大変な高齢者のニーズに対応しただけでなく、イートインスペースも設けたことで、コミュニティの活性化にもつながっているそうです。