都市開発の不動産ニュース一覧

2019/1/31

不動産ニュース 2019/1/31

住宅売上は27%減/野村不HD19年3月期3Q

野村不動産ホールディングス(株)は31日、2019年3月期第3四半期決算(連結)を発表した。当期(18年4月1日~12月31日)の売上高は3,508億5,700万円(前年同期比14.4%減)、営業利益370億1,000万円(同28.4%減)、経...

2019/1/30

不動産ニュース 2019/1/30

博多で地方初の「Reビル」事業/地所レジ

三菱地所レジデンス(株)は、「Reビル事業」として地方初物件となる「ザ・パークレックス 博多」(福岡市博多区)のリノベーションを31日に完了する。「Reビル事業」は、耐震補強工事等のリノベーション工事を施し、同社が賃借し、一括で借上げ、ニーズを...

不動産ニュース 2019/1/30

三菱地所とTBS、国際新赤坂ビルを建て替え

三菱地所(株)は30日、同社が運営管理する「国際新赤坂ビル」(東京都港区)と隣接建物の将来的な建替えに向け、(株)東京放送ホールディングス(TBS)と事業協定書を締結した。締結に伴い、三菱地所は国際新赤坂ビル等の閉館を決定。

不動産ニュース 2019/1/30

長崎県内で初のオフィス事業/新日鉄興和

新日鉄興和不動産(株)は、長崎食糧倉庫(株)(長崎県長崎市、代表取締役社長:頓田敏之氏)と建設を進めてきたオフィスビル「長崎BizPORT(ビズポート)」(長崎県長崎市)が、31日に竣工すると発表した。同事業は、長崎県が推進する「長崎金融バック...

不動産ニュース 2019/1/30

表参道で不特法商品の第2弾/コスモス

(株)コスモスイニシアは30日、不動産特定共同事業法に基づく投資用不動産(共同出資型商品)「セレサージュ表参道」(東京都渋谷区、店舗6区画予定)の販売を開始した。「セレサージュ」シリーズは、JREIT等の不動産投資信託とは異なり、不動産特定共同...

2019/1/29

不動産ニュース 2019/1/29

新事業創出へ新しい働き方のオフィス/長谷工

(株)長谷工コーポレーションは29日、フリーアドレス・ペーパーレス化を実現した「価値創生部門」のオフィスをマスコミに公開した。2018年10月1日に新設された同部門は、グループのIT投資戦略などを担当することを目的に新設した「FIT開発部」のほ...

2019/1/28

不動産ニュース 2019/1/28

高松で分譲と子育て施設の複合開発/阪急阪神不

阪急阪神不動産(株)は28日、四国旅客鉄道(株)(JR四国)と共同で、香川県高松市において分譲マンションと子育て支援施設の複合施設を整備すると発表した。同市は、JR四国や四国電力(株)といった四国全域を営業区域とする公共サービス企業の本社が置か...

2019/1/25

不動産ニュース 2019/1/25

小田急多摩線駅に、職住近接サポート施設

小田急電鉄(株)と小田急不動産(株)は25日、コミュニティ施設「CAFÉ & SPACE L.D.K.」(川崎市麻生区)とシェアオフィスを核とする複合施設「ネスティングパーク黒川」(同)を開業すると発表した。国土交通省の「平成30...

  1. 2
  2. 3
  3. 4
  4. 5
  5. 6

検索オプション

※ 複数のワードを入れるときはスペースを空けてください

含む
含まない
検索対象
カテゴリ
並べ替え
期間

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年3月号

<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/2/12

「記者の目」更新しました

団地空室を惣菜店に。入居者参加型で改修」を更新しました。
人口減少や少子高齢化などで賃貸住宅の空室率が高まる中、住宅のバリューアップなどに各社が取り組んでいます。今回は、大阪府住宅公社が団地内の空き住戸を「惣菜店」へ転用した事例を紹介。買い物に行くのが大変な高齢者のニーズに対応しただけでなく、イートインスペースも設けたことで、コミュニティの活性化にもつながっているそうです。