都市開発の不動産ニュース一覧

2021/4/14

不動産ニュース 2021/4/14

住友林業他、米シアトルで賃貸住宅開発

住友林業(株)、関電不動産開発(株)、(株)サンケイビルの3社は14日、米国の大手ディベロッパー傘下の集合住宅開発会社Trammell Crow Residential(TCR社)と設立したSPCを通じて、ワシントン州シアトル近郊で賃貸集合住宅...

2021/4/13

不動産ニュース 2021/4/13

築地のマンション、テレワーク需要も取り込み好調

(株)コスモスイニシアが3月末に竣工・引き渡しを開始した分譲マンション「イニシア築地レジデンス」(東京都中央区、総戸数82戸(事業協力者住戸17戸))が、残り15戸まで販売を進めている。同物件は、東京メトロ日比谷線「築地」駅徒歩6分に立地する、...

2021/4/12

2021/4/9

2021/4/8

不動産ニュース 2021/4/8

東京駅前に「ミッドタウン」の3弾目開発/三井不

三井不動産(株)は8日、現在推進している「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」(東京都中央区)の街区名を「東京ミッドタウン八重洲」とすることを発表。都心部のミクストユース型まちづくりブランドである「東京ミッドタウン」を冠する3つ目の施設。

不動産ニュース 2021/4/8

横浜の公園で公共空間での働き方の実証実験

三菱地所(株)は21~28日、(一社)よこはまみなとみらい21、国立大学法人横浜国立大学、YADOKARI(株)と共に、みなとみらい21地区内のグランモール公園ヨーヨー広場(横浜市西区)周辺で一般参加型の実証実験を行なう。公園と民地(有効空地)...

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

検索オプション

※ 複数のワードを入れるときはスペースを空けてください

含む
含まない
検索対象
カテゴリ
並べ替え
期間

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 990円(税・送料サービス込み)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年5月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

「東日本大震災」から10年。実際に記者が現地入りし、復興の足取りを取材しました。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

電子書籍のみ販売中防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 550円(税込み・送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/4/5

「月刊不動産流通2021年5月号」発売中!

「月刊不動産流通2021年5月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「東日本大震災10年 復興・再生。不動産市場の今 被災地ルポ」。あの日から10年が経過しました。記者が現地入りし、地元の不動産事業者から、復興の足取りや不動産市場の現状を聞きました。