不動産ニュース / 開発・分譲

2019/6/12

質の高い管理を価格に反映できる仕組みを

「マンション管理のレベルが市場価格に反映されるよう施策を講じる」と話す岡本氏

 (一社)マンション管理業協会は11日、第一ホテル東京(東京都千代田区)で定時総会を開催。2018年度の事業報告および決算の承認、19年度の事業計画を報告した。

 19年度の事業計画では、「マンション管理組合の財政の健全化」、「マンション管理会社の経営の安定化」、「マンション管理がマンションの市場価格に正しく反映される仕組み作り」を主要課題とし、マンション管理の質の高度化や管理のレベルが適正に評価されるよう、マンション管理に関する各種法令に関する会員意見の聴取、実態調査等を実施するとした。

 総会後の懇親会で挨拶した同協会会長の岡本 潮氏は、「昨年国土交通省が行なった『平成30年度マンション総合調査』の結果によると、マンション購入時に重視するポイントの1位は交通利便性で72%。マンション管理の維持運営は11%で、マンション管理に関する関心の低さが感じられた」と報告。「今年度は特に、質の高い管理が不動産流通市場において適切に評価されることを目指し、一般ユーザーにも分かりやすい情報開示の仕組みを検討する。それに伴い、関係諸団体や官公庁にご協力いただきながら、マンション管理の評価を適正に行なうための基準づくりを進めていく」と話した。

この記事の用語

管理会社

不動産所有者の委託により、その所有する不動産の管理業務を行なう企業をいう。管理業務の内容は、大きく分けて、設備の保守・点検、防火・警備など(作業の実施)、賃料や共益費の徴収、諸料金の支払いなど(経理事務)、テナントの募集、賃料の改定、修繕計画の立案など(経営的業務)がある。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。