賃貸仲介・管理の不動産ニュース一覧

2018/10/31

2018/10/29

不動産ニュース 2018/10/29

流通事業は堅調/大京19年3月期2Q

(株)大京は26日、2019年3月期第2四半期決算(連結)を発表した。当期(18年4月1日~9月30日)は、売上高1,306億4,500万円(前年同期比2.2%減)、営業利益11億6,500万円(同24.8%減)、経常利益10億2,300万円(...

2018/10/26

不動産ニュース 2018/10/26

賃貸でIoT商品を提供/東急住宅リース

東急住宅リース(株)はこのほど、(株)マウスコンピューター(東京都中央区、代表取締役社長:小松永門氏)と提携し、同社管理の賃貸住宅(約8万9,000戸)入居者を対象に、「mouseスマートホーム」製品の紹介と提供を開始した。 「mou...

不動産ニュース 2018/10/26

マタニティキーホルダーを配布/三好不

(株)三好不動産はこのほど、「マタニティマークキーホルダー」の無償配布を開始した。マタニティマークは、妊娠初期でも周囲の人に妊娠を知らせ、やさしい配慮を促すものとして、2006年に厚生労働省の国民運動計画「健やか親子21」推進検討会が作成・発表...

2018/10/25

不動産ニュース 2018/10/25

中小賃貸ビル事業、短期見通しは4割が楽観的

(株)ザイマックス不動産総合研究所は25日、「ビルオーナー実態調査2018」の結果を発表した。早稲田大学建築学科の小松幸夫研究室と共同で、中小規模ビルを保有するビルオーナーに対し、アンケートとヒアリングで調査したもの。

不動産ニュース 2018/10/25

共済で「退去時修繕費用」のオーナー負担を軽減

(株)三好不動産グループは、8月に設立した「スマイルあんしん共済協同組合」(福岡市中央区、代表理事:三好 修氏)において、共済事業を開始した。賃貸物件の入居者が退去後に発生する「退去時修繕費用」のオーナー負担リスクを軽減させることが目的。

2018/10/24

不動産ニュース 2018/10/24

新会長に全日・原嶋和利氏/管理士協議会

(一社)賃貸不動産経営管理士協議会は23日、東海大学校友会館(東京都千代田区)にて定時総会を開催。2017年度(17年8月1日~18年7月31日)事業報告、18年度(18年8月1日~19年7月31日)の事業計画・収支予算の報告と、17年度決算の...

2018/10/23

不動産ニュース 2018/10/23

東京グレードA空室率、11年ぶりの1%割れ

シービーアールイー(株)(CBRE)は23日、2018年第3四半期の全国13都市のオフィス市場動向調査結果を発表した。東京(23区)のグレードA空室率は0.9%(対前期比0.5ポイント低下)と、07年第2四半期以来11年ぶりの1%割れ。

2018/10/22

不動産ニュース 2018/10/22

ハトマーク支援機構、ナーブ、さくら事務所と提携

(公社)全国宅地建物取引業協会連合会の関連団体である(一財)ハトマーク支援機構は22日、「VR内見」サービス等を手掛けるナーブ(株)(東京都千代田区、代表取締役:多田英起氏)およびホームインスペクションサービスを手掛ける(株)さくら事務所(東京...

  1. 3
  2. 4
  3. 5
  4. 6
  5. 7

検索オプション

※ 複数のワードを入れるときはスペースを空けてください

含む
含まない
検索対象
カテゴリ
並べ替え
期間

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年1月号

<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2018/12/5

「月刊不動産流通」最新号発売しました

 最新号2019年1月号の内容を紹介。 ショップサイトでご購入できます。

デジタル技術の発展は、日進月歩の世界。不動産業界でも近年、そうした技術を活用する動きがみられますが、果たして不動産業務はどう変わっていくのでしょうか?今回は、巻頭のグラビアページ「流通フラッシュ」と、特集で各社の取り組みを紹介します。
また、短期連載「郊外住宅団地の再生・活性化策を探る」もスタート!建物の老朽化や入居者の高齢化等の課題を抱える大規模住宅団地は少なくありませんが、URや住宅供給公社ではハード・ソフトの両面から課題解決を進めています。初回は「入居者の高齢化問題」にスポットを当て、取り組みをレポートします。