JREITの不動産ニュース一覧

2018/10/12

不動産ニュース 2018/10/12

分配金は3,643円/HLI18年8月期

ヒューリックリート投資法人(HLI)は12日、2018年8月期決算を発表した。当期(18年3月1日~8月31日)は、営業収益81億100万円(前期比1.0%減)、営業利益45億7,600万円(同3.3%減)、経常利益40億4,400万円(同4....

不動産ニュース 2018/10/12

分配金は6,955円/ONE18年8月期

Oneリート投資法人は12日、2018年8月期決算を発表した。当期(18年3月1日~8月31日)は、営業収益34億3,800万円(前期比11.1%減)、営業利益16億6,700万円(同19.4%減)、経常利益14億5,200万円(同13.7%減...

2018/9/27

2018/9/25

不動産ニュース 2018/9/25

10年目のJリートフェア、1,350人が来場

(一社)不動産証券化協会(ARES)は21・22日、ベルサール東京日本橋イベントホール(東京都中央区)で、「個人投資家のためのJリートフェア2018」を開催した。個人投資家にJREITの魅力を伝えることを目的としたイベント。

2018/9/19

不動産ニュース 2018/9/19

分配金は2,699円/HCM18年7月期

ヘルスケア&メディカル投資法人(HCM)は、2018年7月期決算を発表した。当期(18年2月1日~7月31日)の営業収益は12億6,700万円(前期比3.9%増)、営業利益6億2,500万円(同1.7%増)、経常利益5億2,200万円(同1.7...

不動産ニュース 2018/9/19

分配金は2,213円/SRI18年7月期

サムティ・レジデンシャル投資法人(SRI)は、2018年7月期決算を発表した。当期(18年2月1日~7月31日)の営業収益は28億8,800万円(前期比57.4%増)、営業利益は14億400万円(同77.8%増)、経常利益は10億1,100万円...

不動産ニュース 2018/9/19

分配金は5,497円/MFLP18年7月期

三井不動産ロジスティクスパーク投資法人(MFLP)は、2018年7月期決算を発表した。当期(18年2月1日~7月31日)は、営業収益31億4,800万円(前期比19.7%増)、営業利益14億9,800万円(同20.9%増)、経常利益14億4,5...

2018/9/18

不動産ニュース 2018/9/18

分配金は4,985円/CRR18年7月期

コンフォリア・レジデンシャル投資法人(CRR)は14日、2018年7月期の決算を発表した。当期(18年2月1日~7月31日)は、営業収益81億4,700万円(前期比10.7%増)、営業利益37億300万円(同16.9%増)、経常利益32億400...

2018/9/14

不動産ニュース 2018/9/14

神保町でスタートアップ支援オフィス/IOR

「いちごオフィスリート投資法人」の運用会社であるいちご投資顧問(株)は、同投資法人保有の「いちご神保町ビル」(東京都千代田区)の3階ワンフロアを「いちごレイアウトオフィス」に改修。13日、募集を開始した。

  1. 2
  2. 3
  3. 4
  4. 5
  5. 6

検索オプション

※ 複数のワードを入れるときはスペースを空けてください

含む
含まない
検索対象
カテゴリ
並べ替え
期間

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年3月号

<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/2/12

「記者の目」更新しました

団地空室を惣菜店に。入居者参加型で改修」を更新しました。
人口減少や少子高齢化などで賃貸住宅の空室率が高まる中、住宅のバリューアップなどに各社が取り組んでいます。今回は、大阪府住宅公社が団地内の空き住戸を「惣菜店」へ転用した事例を紹介。買い物に行くのが大変な高齢者のニーズに対応しただけでなく、イートインスペースも設けたことで、コミュニティの活性化にもつながっているそうです。