アットホームの記事一覧

2019/3/20

不動産ニュース 2019/3/20

首都圏居住用賃貸の成約件数が3ヵ月連続減

不動産情報サービスのアットホーム(株)は20日、同社の全国不動産情報ネットワークにおける、2019年2月期の首都圏居住用賃貸物件の市場動向を発表した。同月の成約数は2万4,682件(前年同月比4.6%減)と、3ヵ月連続の減少となった。

2019/3/18

不動産ニュース 2019/3/18

契約書面電子化促進へ、メアド取得支援サービス

不動産情報サービスのアットホーム(株)は18日、「メールアドレス取得支援サービス」の提供を首都圏エリアで開始したと発表。不動産業界において契約書面等の電子化に向けた動きが見られるが、法令の制限や運用変更による現場の負担増などにより、なかなか浸透...

2019/3/1

2019/2/28

不動産ニュース 2019/2/28

首都圏の新築戸建て成約価格、2ヵ月連続下落

不動産情報サービスのアットホーム(株)は28日、同社ネットワークにおける2019年1月の首都圏新築戸建てと中古(既存)マンションの登録・成約価格データを公表した。新築戸建ての平均成約価格は、首都圏で3,447万円(前月比3.1%下落)と2ヵ月連...

2019/2/26

不動産ニュース 2019/2/26

首都圏賃貸成約数、2ヵ月連続で減少

不動産情報サービスのアットホーム(株)は26日、同社の全国不動産情報ネットワークにおける、2019年1月期の首都圏居住用賃貸物件の市場動向を発表した。同月の成約数は2万227件(前年同月比2.1%減)と、2ヵ月連続で減少。

2019/2/25

不動産ニュース 2019/2/25

13%弱が「通園時間短縮で引っ越しを考えた」

不動産情報サービスのアットホーム(株)は25日、子供の通園に関する実態調査の結果を発表した。1都3県在住の幼稚園か保育園(こども園や認可外保育施設を含む)に通う子供がいる男女632名を対象に、「自宅からの通園時間」「幼稚園・保育園への送り迎えの...

2019/2/21

不動産ニュース 2019/2/21

首都圏新築戸建ての成約価格、6年連続上昇

不動産情報サービスのアットホーム(株)は21日、同社ネットワークにおける2018年1年間の首都圏新築戸建て・中古(既存)マンションの登録価格、および成約価格データを発表した。新築戸建ての平均登録価格は、首都圏平均で1戸当たり3,563万円(前年...

2019/2/20

不動産ニュース 2019/2/20

18年の居住用賃貸物件、成約数は減少

不動産総合情報サービスのアットホーム(株)は20日、同社の全国不動産情報ネットワークにおける2018年1年間の首都圏居住用賃貸物件市場動向について発表した。同年の首都圏居住用賃貸物件登録数は246万8,052件(前年比8.6%減)とマイナスだっ...

2019/2/7

不動産ニュース 2019/2/7

地場景況感、近畿は賃貸・売買ともに過去最高

不動産情報サービスのアットホーム(株)は7日、「地場の不動産仲介業における景況感調査(2018年10~12月期)」を発表した。 北海道、宮城県、首都圏(1都3県)、静岡県、愛知県、近畿圏(2府1県)、広島県、福岡県の13都府県14エリアにおいて...

2019/2/5

不動産ニュース 2019/2/5

「スマート物確」、ATBBとデータ連携/アットホーム

アットホーム(株)はこのほど、(株)ライナフとの提携により提供している「スマート物確」についての連携強化を進め、アットホームが展開する不動産業務総合支援サイト「ATBB(アットビービー)」に登録するだけで、「スマート物確」を利用できるように改変...

  1. 42
  2. 43
  3. 44
  4. 45
  5. 46

検索オプション

※ 複数のワードを入れるときはスペースを空けてください

含む
含まない
検索対象
カテゴリ
並べ替え
期間

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。