賃料の不動産ニュース一覧

2017/10/17

不動産ニュース 2017/10/17

東京主要5区のビル空室率、3%台で推移

(株)ビルディング企画は16日、2017年9月度の全国6大都市圏(東京、名古屋、大阪、福岡、札幌、仙台)の主要エリアにおけるオフィスビル市況調査結果を発表した。東京主要5区(千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区)の100坪以上のビルの平均空室...

2017/10/16

2017/10/13

不動産ニュース 2017/10/13

東京中型オフィス、需要は堅調/CBRE

(株)シービーアールイー(CBRE)は12日、特別レポート「東京中型オフィス売買市場」を発表した。同レポートは、東京の不動産売買市場における中型オフィスビルの投資対象としての魅力についてまとめたもの。

2017/10/12

不動産ニュース 2017/10/12

東京オフィスビル空室率、再び低下

三鬼商事(株)は12日、2017年9月時点の全国主要都市のオフィスビル最新市況調査結果を発表した。東京ビジネス地区(都心5区:千代田・中央・港・新宿・渋谷)の平均空室率は3.17%(前月比0.18ポイント低下)。

不動産ニュース 2017/10/12

都心5区ビル空室率、9年半ぶりの1%台

三幸エステート(株)は12日、2017年9月度の東京都心5区(千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区)および全国6大都市(東京、札幌、仙台、名古屋、大阪、福岡)の大規模ビル(基準階貸室面積200坪以上)のマーケットデータを公表した。東京都心5区...

2017/10/3

不動産ニュース 2017/10/3

店舗賃料、プライム立地は高位安定

(一財)日本不動産研究所(JREI)は2日、(株)ビーエーシー・アーバンプロジェクトと共同で、「店舗賃料トレンド2017秋」(17年上半期)を発表した。東京都内5エリア、および地方主要都市8エリアで、過去3年間にわたって店舗公募賃料データを収集...

2017/9/26

不動産ニュース 2017/9/26

25年の新築マンション価格は16年水準に

(一財)日本不動産研究所(JREI)は26日、東京23区のマンション価格と賃料の中期予測(2017~20年、25年)を公表した。JREIが1998年から集計している東京23区の標準タイプマンションの価格・賃料データ「住宅マーケットインデックス」...

2017/9/21

不動産ニュース 2017/9/21

M賃料インデックス、東京23区は横ばい傾向

アットホーム(株)と(株)三井住友トラスト基礎研究所は21日、2017年第2四半期(17年4~6月)のマンション賃料インデックスを発表した。アットホームの全国不動産情報ネットワークを蓄積している全国12エリアの賃貸マンション成約賃料情報をもとに...

不動産ニュース 2017/9/21

首都圏賃貸、成約数が2ヵ月連続で増加

不動産情報サービスのアットホーム(株)は21日、同社の全国不動産情報ネットワークにおける2017年8月期の首都圏居住用賃貸物件の市場動向を発表した。同月の成約数は1万4,995件(前年同月比5.1%増)で、2ヵ月連続のプラスとなった。

2017/9/19

不動産ニュース 2017/9/19

東京主要5区ビル空室率、9ヵ月ぶりに3%台

(株)ビルディング企画はこのほど、2017年8月度の全国6大都市圏(東京、名古屋、大阪、福岡、札幌、仙台)の主要エリアにおけるオフィスビル市況調査結果を発表した。東京主要5区(千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区)の平均空室率は3.87%(前...

  1. 42
  2. 43
  3. 44
  4. 45
  5. 46

検索オプション

※ 複数のワードを入れるときはスペースを空けてください

含む
含まない
検索対象
カテゴリ
並べ替え
期間

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

在宅ワーク、セキュリティは万全ですか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/10/7

「記者の目」更新しました!

沿線の“地域愛”を醸成する」配信しました。
少子高齢化や人口減少が進む中、電鉄系会社では沿線地域の魅力を積極的に発信し、顧客をまちに定着させることが重要となってきます。独自性のある広告展開でそれに挑む、小田急不動産(株)の取り組みを取材しました。