不動産流通の不動産ニュース一覧

2019/2/26

不動産ニュース 2019/2/26

首都圏賃貸成約数、2ヵ月連続で減少

不動産情報サービスのアットホーム(株)は26日、同社の全国不動産情報ネットワークにおける、2019年1月期の首都圏居住用賃貸物件の市場動向を発表した。同月の成約数は2万227件(前年同月比2.1%減)と、2ヵ月連続で減少。

2019/2/25

不動産ニュース 2019/2/25

名古屋駅徒歩圏で分譲マンション/オープンH

(株)オープンハウス・ディベロップメントは、分譲マンション「オープンレジデンシア名古屋駅THE COURT」(名古屋市西区、総戸数112戸)の販売を3月下旬より開始する。名古屋市営地下鉄「名古屋」駅徒歩7分、JR「名古屋」駅徒歩10分、再開発が...

不動産ニュース 2019/2/25

虎ノ門のオフィスビルを取得/近鉄不

近鉄不動産(株)は25日、オフィスビル「日総第23ビル」(東京都港区)を取得したと発表した。近鉄グループ経営計画の重点テーマである「不動産事業の強化」に基づき首都圏エリアでの事業拡大に向けたもの。

不動産ニュース 2019/2/25

不動産関連子会社3社を統合/東京ガス

東京ガス(株)は25日、不動産事業強化を目的に、不動産関連子会社の東京ガス不動産ホールディングス(株)、東京ガス都市開発(株)、東京ガス用地開発(株)の3社を4月1日に統合すると発表した。統合後の商号は、東京ガス不動産(株)。

不動産ニュース 2019/2/25

13%弱が「通園時間短縮で引っ越しを考えた」

不動産情報サービスのアットホーム(株)は25日、子供の通園に関する実態調査の結果を発表した。1都3県在住の幼稚園か保育園(こども園や認可外保育施設を含む)に通う子供がいる男女632名を対象に、「自宅からの通園時間」「幼稚園・保育園への送り迎えの...

不動産ニュース 2019/2/25

新会長に中大大学院教授の石島 博氏/JAREFE

日本不動産金融工学学会(JAREFE)は23日、中央大学駿河台記念館(東京都千代田区)で、2018年度評議員会・総会および19年定期大会を開催した。総会では、18年度の事業報告、17・18年度の収支報告、19年度の事業計画案や予算案を承認。

2019/2/22

不動産ニュース 2019/2/22

流通業の業況指数、12期連続のマイナス

(一財)土地総合研究所は21日、四半期ごとに実施している「不動産業業況等調査結果(2019年1月時点)」を発表した。不動産業業指数は、住宅・宅地分譲が16.7(前回調査比3.5ポイント改善)で、24期連続のプラスに。

不動産ニュース 2019/2/22

栗平で多世代共生のリノベ賃貸/小田急

小田急電鉄(株)は22日、リノベーション賃貸マンション「カスタネア栗平」(川崎市麻生区、全149戸)の入居者募集を3月1日から開始すると発表した。同物件は、小田急多摩線「栗平」駅徒歩2分に立地する同社保有の賃貸マンション(1991年築)をリノベ...

不動産ニュース 2019/2/22

「地面師」対策は「常識」にあり

(一財)不動産適正取引推進機構は21日、(独)住宅金融支援機構すまい・るホール(東京都文京区)で第108回講演会を開催した。今回は、「地面師事件の解析と対処」をテーマに、アルティ法律事務所弁護士の瀬戸仲男氏が解説した。

  1. 2
  2. 3
  3. 4
  4. 5
  5. 6

検索オプション

※ 複数のワードを入れるときはスペースを空けてください

含む
含まない
検索対象
カテゴリ
並べ替え
期間

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年4月号

<好評連載中>

・解説:宅建業者が知っておくべき「重説」に関する調査実務
・事例研究・適正な不動産取引に向けて
・関連法規Q&A
・宅建ケーススタディ 日日是勉強
・WORLD VIEW 

価格 926円(税・送料込み) 年間購読 10,080円(税・送料込み)
※月刊不動産流通「MARKET INDEX」の修正データはこちらからご確認ください ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/3/7

「記者の目」更新しました

『ロボット』×『ビル管理』。省人化の実現へ」を更新しました。
少子高齢化、人口減少などを要因に、働き手不足が深刻化するビル管理業界。その課題解決の糸口を、最新のIT技術を駆使した「ロボット」の活用に見出す声も多い。(株)三菱地所ではここ数年、自社管理物件でのロボットの導入に向け、実証実験を重ねている。