ムック本「住宅・不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識」を発刊しました!!

都市開発の一覧

2019/7/4

不動産ニュース 2019/7/4

橋本で全425戸の大規模マンション/小田急不

小田急不動産(株)、積水ハウス(株)、神鋼不動産(株)は12月より、新築分譲マンション「リーフィアレジデンス橋本」(東京都町田市、総戸数425戸)の販売を開始する。JR横浜線・京王相模原線「橋本」駅徒歩19分、バス停「多摩美術大学南」下車徒歩4...

2019/7/3

不動産ニュース 2019/7/3

大規模農園で持続可能な暮らしを提案

住友林業(株)と、オーガニックなライフスタイル提案をテーマに商業施設の企画・運営、飲食店事業などを手掛ける(株)KURKKU、木更津市の3者は、サステナブルファーム&パーク「KURKKU FIELDS(クルックフィールズ)」(千葉県木更...

2019/7/2

不動産ニュース 2019/7/2

東急不、産学協働での郊外団地再生を加速

東急不動産(株)は、自社が開発してきた郊外の大規模住宅団地の再生を加速させる。住民の高齢化や空き家の増加等を解消するため、既存建物のリノベーションによる若年世帯の呼び込みや、コミュニティ活性化のサポートを、大学との協働により若年世代の知見も取り...

不動産ニュース 2019/7/2

ワ―ケーションで地域活性化/伊豆急G

伊豆急ホールディングス(株)、伊豆急行(株)をはじめとする伊豆急グループ各社は1日、東京急行電鉄(株)と連携し、リゾート地におけるテレワーク「ワーケーション」を通じた伊豆エリアの地域活性化に取り組むと発表。サテライトシェアオフィス「Vacati...

2019/7/1

不動産ニュース 2019/7/1

博多駅周辺で複合施設を開発/NTTUD他

NTT都市開発(株)と大成建設(株)は1日、共同で「博多駅東一丁目敷地(旧博多スターレーン跡地)」を開発すると発表した。同プロジェクトは、JR「博多」駅徒歩4分の敷地に、主用途をオフィス、低層部をにぎわいの空間とした複合施設を建設するもの。

2019/6/28

不動産ニュース 2019/6/28

東長崎に保育所・スーパー併設の賃貸住宅

西武鉄道(株)と(株)西武プロパティーズは30日、グループの駅近賃貸住宅ブランド「emilive(エミリブ)」の6号物件となる「エミリブ東長崎」(東京都豊島区、45戸)を竣工する。西武鉄道池袋線「東長崎」駅徒歩1分に立地。

不動産ニュース 2019/6/28

虎ノ門にサービスオフィス/大東建託

大東建託(株)は27日、サービスオフィス事業の初弾となる「. BASE TORANOMON(ドットベース虎ノ門)」(東京都港区)のオープンに先駆け、関係者に公開した。東京メトロ日比谷線「神谷町」駅徒歩5分、南北線「六本木一丁目」駅徒歩6分に位置。

  1. 2
  2. 3
  3. 4
  4. 5
  5. 6

検索オプション

※ 複数のワードを入れるときはスペースを空けてください

含む
含まない
検索対象
カテゴリ
並べ替え
期間

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら

講座のご紹介

不動産コンサルティング技能試験合格コース

令和元年度 アットホームスタディ不動産コンサルティング技能試験合格コース
「総合講座」

不動産コンサルティング技能試験唯一の試験対策講座です。 定価37,800円(税込)

詳細はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年8月号
日々の実務に役立つ情報満載です

ビジョンのキーワードである「不動産最適活用」に取り組む事業者への取材等を通し、今後必要となる経営戦略を探りました!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(税込、送料無料)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円(税込、送料無料)

お知らせ

2019/7/9

「記者の目」更新しました

「事故物件」の流動化に挑む」更新しました!
最近、よく耳にするようになった「事故物件」。心理的瑕疵の心配があることから取引を避ける不動産仲介会社が多く、市場に出回っても不当な安さで買い叩かれるなど、物件所有者の苦労は計り知れない。「事故」の内容が自殺や殺人事件ならともかく、自然死(孤独死)までもが同一視されるために、超高齢化社会の日本において、頭を悩ませるオーナーがますます増加することも想像できる。今回は、そうしたオーナーを救うためにつくられた事故物件専門サイト「成仏不動産」に注目。運営会社を取材した。