災害の不動産ニュース一覧

2024/3/26

不動産ニュース 2024/3/26

標準管理規約の見直し等、最終とりまとめへ

国土交通省は26日、「マンション標準管理規約の見直し及び管理計画認定制度のあり方に関するワーキンググループ」(座長:齊藤広子横浜市立大学国際教養学部教授)の6回目の会合を開催。とりまとめ(案)について検討した。

2024/3/25

2024/3/21

2024/3/11

不動産ニュース 2024/3/11

三菱地所、津田沼「奏の杜」エリアで防災訓練を実施

三菱地所レジデンス(株)、三菱地所コミュニティ(株)、エリアマネジメント組織である(一社)奏の杜パートナーズは10日、「津田沼奏の杜」(千葉県習志野市)エリアの居住者ととともに、防災訓練を実施した。分譲マンション「ザ・パークハウス 津田沼奏の杜...

不動産ニュース 2024/3/11

森ビル、六本木ヒルズで震災訓練

森ビル(株)は11日、居住者や店舗従業員、ワーカーらで構成する六本木ヒルズ自治会との共催で、「六本木ヒルズ震災訓練」を実施した。2003年以降毎年実施しており、今回で18回目となる。

2024/3/7

不動産ニュース 2024/3/7

都内での分譲戸建ての5割に蓄電池も採用/野村不

野村不動産(株)は6日、分譲戸建てシリーズ「プラウドシーズン」において、太陽光発電・蓄電池・高効率給湯器付住宅として供給していく方針を明らかにした。同社では、2022年より東京電力エナジーパートナー(株)が提供する太陽光PPAサービスを活用し、...

2024/3/5

不動産ニュース 2024/3/5

地震災害特化のVR防災訓練コンテンツ/大和LN

大和ライフネクスト(株)と(株)理経は4日、マンション居住者向けサービス「VR消防訓練」の新コンテンツ「VR防災訓練 地震編」を4月1日から提供すると発表した。両社と横浜市の連携協定「次世代型マンション防災コンテンツの共同研究開発」の成果物。

不動産ニュース 2024/3/5

応急仮設住宅建設で広島・岩手県と協定/木住協

(一社)日本木造住宅産業協会(木住協)はこのほど、広島県および岩手県と「災害時における応急仮設住宅の建設に関する協定」を締結した。協定に基づき、災害救助法に基づく県・市町村からの要請に応じて、木造応急仮設住宅の供給に際し、木住協会員が協力する。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

検索オプション

※ 複数のワードを入れるときはスペースを空けてください

含む
含まない
検索対象
カテゴリ
並べ替え
期間

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年5月号
住宅確保要配慮者を支援しつつオーナーにも配慮するには?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/4/5

「月刊不動産流通2024年5月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年5月号」の発売を開始しました。

さまざまな事情を抱える人々が、安定的な生活を送るために、不動産事業者ができることとはなんでしょうか?今回の特集「『賃貸仲介・管理業の未来』Part 7 住宅弱者を支える 」では、部屋探しのみならず、日々の暮らしの支援まで取り組む事業者を紹介します。