政策の不動産ニュース一覧

2019/2/19

不動産ニュース 2019/2/19

国交省、3省合同でZEH等の推進施策説明会

国土交通省は19日、経済産業省、環境省と合同で、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)等の推進施策の動向についての説明会を、3月5~15日にかけ、全国6都市で開催すると発表した。政府は、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指すと...

2019/2/13

不動産ニュース 2019/2/13

IT重説、賃貸取引の書面の電子化で社会実験

国土交通省は12日、5回目となる「ITを活用した重要事項説明に係る社会実験に関する検証検討会」を開催。法人間売買取引に係るIT重説社会実験の継続と、新たに個人を含む売買取引に係るIT重説、賃貸取引を対象にした重要事項説明書等(宅建業法35条、3...

2019/2/5

不動産ニュース 2019/2/5

川崎の先端研究拠点整備が民間都市再生認定

国土交通省は5日、都市再生特別措置法に基づき、大和ハウス工業(株)、芙蓉総合リース(株)が手掛ける「(仮称)殿町プロジェクトIII新築工事」(川崎市川崎区)を民間都市再生事業計画に認定した。同プロジェクトは、主にライフサイエンス・環境分野の最先...

2019/2/4

不動産ニュース 2019/2/4

26日から改正建基法に関する説明会/国交省

国土交通省は、2018年6月27日に公布された「建築基準法の一部を改正する法律」に関する説明会(第2弾)を、2月26日より全国4都市において開催する。今回の法改正の内容全般に加え、公布後1年以内に施行する改正内容に関連する政省令・告示の概要を周...

2019/2/1

不動産ニュース 2019/2/1

「フラット35」金利、3ヵ月連続の下降

(独)住宅金融支援機構は1日、取扱金融機関が提供する「フラット35」(買取型)の2月の適用金利を公表した。借入期間が21年以上(融資率9割以下)の金利は、年1.310%(前月比0.020%減)~1.960%(同変動なし)。

不動産ニュース 2019/2/1

適法確認できない民泊物件、届出の16%

観光庁は1日、9月末時点における民泊物件の適法性の確認結果を公表した。住宅宿泊仲介事業者として登録済みの計55社の住宅宿泊事業法に基づく届出住宅等の取扱物件について、関係自治体において行なった適法性の確認結果を観光庁がとりまとめた。

2019/1/31

不動産ニュース 2019/1/31

社整審、住宅・建築物の省エネ対策で二次答申

社会資本整備審議会(会長:三村明夫(新日鐵住金(株)名誉会長)は31日、石井啓一国土交通大臣に対し「今後の住宅・建築物の省エネルギー対策のあり方について」の第二次答申を行なった。パリ協定を踏まえた温室効果ガス削減目標の達成には、住宅・建築物分野...

2019/1/30

不動産ニュース 2019/1/30

東京都、空き家利活用・相談の事業者を公募

東京都は27日、「平成31年度 空き家利活用等普及啓発・相談事業」の事業者募集を2月7日から開始すると発表した。空き家の発生抑制・有効活用・適正管理に向け、空き家所有者向けのセミナー等を開催する“普及啓発”の取り組みと、...

2019/1/28

  1. 2
  2. 3
  3. 4
  4. 5
  5. 6

検索オプション

※ 複数のワードを入れるときはスペースを空けてください

含む
含まない
検索対象
カテゴリ
並べ替え
期間

新着ムック本のご紹介

防災・復興ハンドブック<改訂版>

不動産管理会社・
賃貸住宅オーナーのための
防災・復興ハンドブック
<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊です。 540円(税込・送料無料)

ご購入はこちら
NEW

?~\~H?~H~J?~M?~K~U?~T??~A?~@~Z

月刊不動産流通 月刊誌 2019年5月号 日々の実務に役立つ情報満載です

令和元年に突入する前に、
不動産流通業界の平成史を振り返り!


ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円(外税)

お知らせ

2019/4/10

「記者の目」更新しました

“食”から“職”の築地へ」更新しました。
場内市場が豊洲へと移転した後も、日本伝統の「食」で外国人観光客などを魅了する築地市場。そこに3月、映像業界向けのクラウドサービスを手掛ける(株)ねこじゃらじが、クリエイター向けのコワーキングスペースをオープンしたという。「食」ならぬ「職」の場としての築地を模索しているようだ。