既存住宅流通の活性化の不動産ニュース一覧

2020/1/22

2020/1/16

不動産ニュース 2020/1/16

良質住宅ストック形成、売却検討者への訴求が課題

国土交通省は1月15日、令和元年度住宅ストック維持・向上促進事業「『良質住宅ストック形成のための市場環境整備促進事業』シンポジウム」を開催した。良質住宅ストック形成のための市場環境整備促進事業では、平成28年度より住宅ストックの維持向上・評価・...

2020/1/8

不動産ニュース 2020/1/8

都市の持続可能性、国際競争力向上を推進

(一社)不動産協会と(一社)不動産流通経営協会(FRK)は8日、ホテルオークラ東京(東京都港区)にて合同の新年賀詞交歓会を開催した。主催者を代表して挨拶に立った不動産協会理事長の菰田正信氏は「少子高齢化やデジタルシフトの影響で、都市のあり方も変...

2019/12/20

不動産ニュース 2019/12/20

公認ホームインスペクター試験、合格率は27.3%

NPO法人日本ホームインスペクター協会(JSHI)は19日、11月17日に実施した第11回「公認ホームインスペクター資格試験」の合格者を発表した。既存住宅(木造一戸建て、区分マンション)の流通に関わる住宅の状態を診断するために必要な建物と不動産...

2019/12/16

2019/12/4

不動産ニュース 2019/12/4

「安心R住宅」、1,900件を突破

国土交通省は4日、「安心R住宅」の実施状況を公表した。2018年4月1日より運用を開始した「安心R住宅」について、国土交通大臣の登録を受けた事業者団体計9団体に実施状況調査を行なった。

2019/11/11

2019/11/6

不動産ニュース 2019/11/6

買い替えの約37%で売却差益が発生

(一社)不動産流通経営協会(FRK)は6日、2019年度の「不動産流通業に関する消費者動向調査」の結果を発表した。居住用不動産取得者の取得行動等を把握する目的で1991年から行なっており、今回で24回目。

2019/8/1

不動産ニュース 2019/8/1

全日、会員斡旋の建物調査に補修見積もり付与

(公社)全日本不動産協会は、ジャパンホームシールド(株)(JHS)と協働で、建物状況調査に係る会員向け新サービス「補修工事見積りサービス」を5日に開始する。建物状況調査を経て既存住宅売買瑕疵保険を付保する場合、調査後に劣化箇所の補修が必要となる...

2019/6/19

不動産ニュース 2019/6/19

任売、再建築不可物件などの流通を促進

(一社)全国空き家流通促進機構(東京都中央区、代表理事・田中裕治氏((株)リライト代表取締役))は18日、同機構の設立記念パーティを開催した。地方の移住および定住の促進、地域活性化を図るため、地域の不動産ストックである空き家等の流通・活用促進を...

  1. 5
  2. 6
  3. 7
  4. 8
  5. 9

検索オプション

※ 複数のワードを入れるときはスペースを空けてください

含む
含まない
検索対象
カテゴリ
並べ替え
期間

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年5月号
住宅確保要配慮者を支援しつつオーナーにも配慮するには?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/4/5

「月刊不動産流通2024年5月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年5月号」の発売を開始しました。

さまざまな事情を抱える人々が、安定的な生活を送るために、不動産事業者ができることとはなんでしょうか?今回の特集「『賃貸仲介・管理業の未来』Part 7 住宅弱者を支える 」では、部屋探しのみならず、日々の暮らしの支援まで取り組む事業者を紹介します。