再生可能エネルギーの不動産ニュース一覧

2022/4/19

不動産ニュース 2022/4/19

SPI、保有71物件に再エネ100%電力導入

スターツプロシード投資法人(SPI)は18日、保有する107物件のうち約66%に当たる71棟に、再生可能エネルギー100%電力を導入すると発表した。ESG推進の一環で、同投資法人が重要課題と位置付ける「温室効果ガス排出・エネルギー消費量の削減」...

2022/4/5

不動産ニュース 2022/4/5

米子のバイオマス発電所が稼働/東急不他

東急不動産(株)と三菱HCキャピタル(株)、中部電力(株)、シンエネルギー開発(株)、三光(株)の5社が出資する「米子バイオマス発電合同会社」は、開発を進めてきた「米子バイオマス発電所」(鳥取県米子市)の建設工事を完了。2日より営業運転を開始し...

2022/3/30

不動産ニュース 2022/3/30

岡山の太陽光発電所に交流スペース設置/東急不

東急不動産(株)は30日、稼働中の「リエネ玉野太陽光発電所」(岡山県玉野市)における交流スペース整備工事が完了したと発表した。周辺住宅地と近接しているという同発電所の立地特性を考慮し、周辺敷地も含めた発電所入口付近の一体整備を実施。

2022/3/28

不動産ニュース 2022/3/28

埼玉の物流施設、再生可能エネ由来の電力を供給

オリックス不動産(株)は25日、2019年3月に竣工の物流施設「松伏ロジスティクスセンター」(埼玉県北葛飾郡)において、テナント企業に100%再生可能エネルギー由来の電力供給を開始したと発表した。同施設は、外環自動車道「三郷西IC」から約14k...

2022/3/17

不動産ニュース 2022/3/17

ビル10棟の電力を再生可能エネ由来に/日鉄興和

日鉄興和不動産(株)は17日、「赤坂インターシティAIR」(東京都港区)、「品川インターシティ」(東京都港区)等、同社が所有・管理するオフィスビル10棟で使用する電力を、2022年度に再生可能エネルギー由来(再エネ電力)に切り替えると発表した。...

2022/3/1

不動産ニュース 2022/3/1

神戸三宮のオール電化ビル竣工/関電不

関電不動産開発(株)は2月28日、オフィスビル「関電不動産神戸三宮ビル」(神戸市中央区)を竣工した。同ビルはJR「三ノ宮」駅より徒歩5分、神戸市営地下鉄「旧居留地・大丸前」駅より徒歩3分など、9駅6路線が徒歩10分圏内で、周辺にはビジネスだけで...

2022/2/16

2022/2/7

不動産ニュース 2022/2/7

データセンターの電力を再生可能エネ由来に/地所他

三菱地所(株)と丸紅(株)が出資する丸の内ダイレクトアクセス(株)は7日、保有する全3ヵ所のデータセンターで消費するすべての電力について、2月上旬に再生可能エネルギー由来へ切り替えたと発表した。今回の取り組みでは、企業が事業で使用する電気を10...

2022/2/4

不動産ニュース 2022/2/4

物流施設で発電した再エネを商業施設でも活用

東京建物(株)は4日、同社が手掛ける物流施設「T-LOGI(ティーロジ)」3棟において、太陽光パネルで発電した再生可能エネルギーを他地域の商業施設に送電する「自己託送」を開始したと発表した。同社グループは中長期目標として「CO2排出削減量を20...

2022/2/2

  1. 3
  2. 4
  3. 5
  4. 6
  5. 7

検索オプション

※ 複数のワードを入れるときはスペースを空けてください

含む
含まない
検索対象
カテゴリ
並べ替え
期間

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
新しい住宅トレンドは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/12/1

「海外トピックス」更新しました!

日常にとけこむ「温室リノベーション物件」【オランダ】」配信しました。
国土の半分以上が耕地であるオランダでは、特に野菜や花の温室栽培が盛ん。一方でまちなかには、老朽化などを機に長年放置されている温室が多く、近年はそうした温室をコミュニティスペースや飲食店として再生する試みが見られます。