都市計画の不動産ニュース一覧

2019/10/25

不動産ニュース 2019/10/25

柏の葉で自動運転バスの実証実験/三井不他

三井不動産(株)、柏ITS推進協議会は24日、「柏の葉キャンパス」駅・東京大学柏キャンパス間の公道で自動運転バスによる営業運行実証実験を行なうと発表した。つくばエクスプレス「柏の葉キャンパス」駅から東京大学 柏キャンパス間の約2.6kmの一部区...

2019/10/2

不動産ニュース 2019/10/2

北海道ボールパークを民間都市再生整備事業認定

国土交通省は2日、都市再生特別措置法の規定に基づき、(株)北海道ボールパークが申請する民間都市再生整備事業計画「北海道ボールパーク(仮称)建設計画」(北海道北広島市)を9月11日付けで認定したと発表した。31万2,500平方メートルの事業区域に...

2019/9/24

不動産ニュース 2019/9/24

コンパクトシティのあり方を議論/JARES

(公社)日本不動産学会(JARES)は20日、シンポジウム「コンパクトシティの行方~都市の消失を止められるのか・様々な視点から見たコンパクトシティ~」をすまい・るホール(東京都文京区)で開催した。行政や大学などの有識者が登壇し、コンパクトシティ...

2019/9/17

不動産ニュース 2019/9/17

都市計画法制定100年記念しシンポジウム

(公社)日本不動産学会は、シンポジウム「都市計画と不動産市場の対立と調和を探る~都市計画法法制100年を記念して~」を、11月7日に開催する。都市計画制度の変遷やその運用が不動産市場にどのような影響を与えたか、不動産市場は都市計画にどのように向...

2019/8/29

不動産ニュース 2019/8/29

日本橋再生計画「第3ステージ」へ/三井不

三井不動産(株)は29日、「日本橋再生計画」について、今後のビジョンと重点構想を発表した。同社は、2004年の「COREDO日本橋」の開業を皮切りに、「残しながら、蘇らせながら、創っていく」を開発コンセプトに「日本橋再生計画」第1ステージを推進。

2019/7/16

2019/7/5

不動産ニュース 2019/7/5

垂水駅前の再開発事業が都市計画決定

野村不動産(株)が事業協力者として参画している「垂水中央東地区第一種市街地再開発事業」(神戸市垂水区)が、神戸市から都市計画決定を告示された。同事業は、JR・山陽電鉄「垂水」駅北側に位置。

2019/6/27

不動産ニュース 2019/6/27

「歩きたくなるまちなか」形成を提言

国土交通省は26日、「都市の多様性とイノベーションの創出に関する懇談会」(座長:浅見泰司東京大学大学院工学系研究科教授)の中間とりまとめ案を発表した。同懇談会は、2019年2月から女性の活躍やスタートアップ支援などの都市の「多様性」と、それら多...

2019/4/26

不動産ニュース 2019/4/26

高輪新駅周辺の開発計画が都市計画に決定

東日本旅客鉄道(株)(JR東日本)はこのほど、品川開発プロジェクト(第I期)が都市計画決定されたと発表した。同プロジェクトは、JR「田町」駅とJR「品川」駅の間に新設する新駅「高輪ゲートウェイ」駅の周辺において、住宅、教育施設、商業施設、ホテル...

2019/4/1

不動産ニュース 2019/4/1

岡山駅前再開発で都市計画が決定/野村不他

野村不動産(株)は3月29日、同社が代表企業としてJR西日本不動産開発(株)、(株)奥村組と共に参画する「岡山市駅前町一丁目2番3番4番地区第一種市街地再開発事業」が都市計画の告示を受けたと発表した。同地区は、国の定める「都市再生緊急整備地域」...

  1. 8
  2. 9
  3. 10
  4. 11
  5. 12

検索オプション

※ 複数のワードを入れるときはスペースを空けてください

含む
含まない
検索対象
カテゴリ
並べ替え
期間

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。