開発計画の記事一覧

2020/8/13

2020/8/11

2020/8/5

不動産ニュース 2020/8/5

「大宮」駅前再開発、参加組合員予定者が決定

大宮駅西口第3-A・D地区市街地再開発準備組合は4日、東京建物(株)、日本土地建物(株)、大和ハウス工業(株)を「大宮駅西口第3-A・D地区第一種市街地再開発事業」における参加組合員予定者に決定した。地区内は狭い道路が多く、老朽化した木造建物が...

2020/8/3

2020/7/31

不動産ニュース 2020/7/31

長崎で県内最大規模のタワマン/大京他

(株)大京を幹事会社とする分譲事業者5社(※)は31日、「新大工町地区第一種市街地再開発事業」で建設中の分譲マンションの名称を「ライオンズタワー新大工町」(長崎県長崎市、総戸数240戸)に決定したと発表した。同再開発事業は、約0.7haの開発地...

2020/7/15

不動産ニュース 2020/7/15

大和ハ、NYマンハッタンで41階建てタワマン

大和ハウス工業(株)は15日、米国ニューヨーク州マンハッタンで進めている複合型超高層マンションプロジェクト「100クレアモントアベニュープロジェクト」(販売戸数165戸)の概要を発表した。同社現地法人を通じ、レンドリースコーポーレーション(豪州...

2020/7/10

2020/7/6

不動産ニュース 2020/7/6

新浦安の大規模分譲Mを「ZEH-M Ready」仕様に

三菱地所レジデンス(株)と近鉄不動産(株)は3日、2020年11月下旬に販売を開始する「ザ・パークハウス 新浦安マリンヴィラ」(千葉県浦安市、総戸数528戸)に、「ZEH-M Ready」を採用すると発表した。同物件は、JR京葉線・武蔵野線「新...

2020/7/2

2020/6/30

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

検索オプション

※ 複数のワードを入れるときはスペースを空けてください

含む
含まない
検索対象
カテゴリ
並べ替え
期間

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産テックの浸透で流通業務、管理業務はどう変わるのか?最新事情をレポート。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/9/5

「記者の目」更新しました!

“さりげない”見守りをICT活用で実現」配信しました!
高齢者世帯の増加に伴い、監視カメラや赤外線センサー等を駆使して「見守り」を行なうサービスも増えてきた。ところが最近は、IoT、ICTを活用した「さりげない」見守りが登場してきている。いったい、どういったサービスなのか?詳しくは記事をチェック。

月刊不動産流通20年10月号」の特集「コロナで加速! 不動産テックで業務が変わる」では、テックを活用しサービス向上や業務効率化につなげている事業者を取材!併せてご覧ください。