エネルギーの不動産ニュース一覧

2022/2/2

不動産ニュース 2022/2/2

社整審、住宅・建築物の省エネ対策で三次答申

社会資本整備審議会(会長:進藤孝生氏((一社)日本経済団体連合会顧問、日本製鉄(株)代表取締役会長))は1日、国土交通大臣に対し「今後の住宅・建築物の省エネルギー対策のあり方について」(第三次答申)および「今後の建築基準制度のあり方について」(...

2022/1/31

不動産ニュース 2022/1/31

大阪で国内初となるオール電化の超高層ZEH-M

関電不動産開発(株)、住友不動産(株)、パナソニック ホームズ(株)は31日、オール電化を採用したマンションとして国内で初めて「高層ZEH-M実証事業」に採択された「シェリアタワー大阪堀江」(大阪市西区、総戸数500戸)の開発計画を発表した。O...

2022/1/12

2021/12/21

不動産ニュース 2021/12/21

オフィスの有機性廃棄物をエネルギー化/東京建物他

東京建物(株)は20日、「新宿センタービル」(東京都新宿区、地上54階建て)で、損害保険ジャパン(株)ら、および東京電力エナジーパートナー(株)(東電EP)らと共同で、オフィスビルより排出、焼却処理される有機性廃棄物を燃料化する、国内初の実証実...

2021/12/20

不動産ニュース 2021/12/20

GLM、投資用マンションの環境対応を標準化へ

投資用不動産の開発等を展開する(株)グローバル・リンク・マネジメント(GLM)は17日、2023年竣工予定の自社開発物件で、初めて建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)の5段階評価の最高位である5つ星を取得したと発表した。BELS評価を取得...

2021/12/15

不動産ニュース 2021/12/15

社整審2部会の報告書案で意見募集/国交省

国土交通省は、社会資本整備審議会建築分科会における建築環境部会と建築基準制度部会の報告書案に関する意見募集を開始した。「今後の住宅・建築物の省エネルギー対策のあり方(第三次報告案)及び建築基準制度のあり方(第四次報告案)について『脱炭素社会の実...

2021/12/13

2021/12/7

2021/11/29

不動産ニュース 2021/11/29

旭化成と旭化成H、本社使用電力をグリーン化

旭化成(株)、旭化成ホームズ(株)は29日、両社が本社を置く「東京ミッドタウン日比谷」(東京都千代田区)および「神保町三井ビルディング」(同)での使用電力をグリーン化すると発表した。2020年10月より、旭化成ホームズが供給する集合住宅「ヘーベ...

2021/11/18

不動産ニュース 2021/11/18

愛知県でバイオマス発電所を開発/東急不他

東急不動産(株)、伊藤忠商事(株)、九電みらいエナジー(株)(福岡市中央区、代表取締役社長:水町 豊氏)の3社は、愛知県田原市でバイオマス発電所を開発すると発表した。3社が共同出資して設立した事業運営会社「田原グリーンバイオマス合同会社」(東京...

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

検索オプション

※ 複数のワードを入れるときはスペースを空けてください

含む
含まない
検索対象
カテゴリ
並べ替え
期間

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年9月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業はどのように変わっていくでしょう
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/8/5

月刊不動産流通2022年9月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年9月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、『多様化する「サ高住」ビジネス』。高齢者が住み慣れた地域で最期まで暮らせる「地域包括ケアシステム」には不可欠な「サ高住」。不動産事業者はどのような取り組みを行なっているでしょうか。団地の空き家活用と結び付けたビジネスや、入居者が地域住民と交流する場を創出する工夫など、各社のさまざまな活動を紹介します。編集部レポート『メタバース、デジタルツインで不動産業が変わる』では、現実世界(リアル)と仮想空間(バーチャル)を融合させるXR技術等が不動産業ではどう活用でき、どのような影響をもたらすのか、実際の事例を交えつつレポートします。