国土交通省の不動産ニュース一覧

2018/3/14

不動産ニュース 2018/3/14

標準住宅宿泊仲介業約款案でパブコメ/国交省

国土交通省は12日、「標準住宅宿泊仲介業約款(案)」のパブリックコメントを開始した。2017年6月に成立した住宅宿泊事業法において、住宅宿泊仲介事業者は、住宅宿泊仲介業約款を定め、観光庁長官に届け出なければならないこととされている。

2018/3/13

不動産ニュース 2018/3/13

「安心R住宅」事業者団体に全日を登録

国土交通省は13日、「安心R住宅」の3番目の事業者団体として、(公社)全日本不動産協会を登録した。「安心R住宅」制度(特定既存住宅情報提供事業者団体登録制度)は、2017年12月1日に施行された特定既存住宅情報提供事業者団体登録規程に基づき、「...

不動産ニュース 2018/3/13

「女性が働きやすいオフィスのあり方」検討

国土交通省は13日、「働き方改革を支える今後の不動産のあり方検討会」(座長:中川雅之日本大学教授)の3回目となる会合を開いた。今回は、女性をはじめとする誰もが働きやすいオフィス環境のあり方をテーマに、委員からの発表と民間企業からのヒアリングを行...

2018/3/9

不動産ニュース 2018/3/9

M標準管理委託契約書を改訂/国交省

国土交通省は9日、「マンション標準管理委託契約書」を改訂した。第16条(守秘義務)について、改正個人情報保護法に対応した文言に変更したほか、第24条(反社会的勢力の排除)について、マンション管理業者が反社会的勢力に該当しないことを確約、違反した...

2018/3/6

不動産ニュース 2018/3/6

フランス・カンヌのMIPIMに参加/国交省

国土交通省は、3月13日からフランスのカンヌで開催されるMIPIM(ミピム)2018に、自治体・企業等21団体とともに参加する。ジャパンパビリオンの出展等を通じて、都市の魅力を積極的に発信し、日本への企業立地・投資の誘致、日本企業の海外展開の促...

2018/3/5

不動産ニュース 2018/3/5

IT重説開始から半年、苦情・紛争は0件/国交省

国土交通省は5日、第4回目の「ITを活用した重要事項説明に係る社会実験に関する検証検討会」を開催。2017年10月に本格運用開始した賃貸取引におけるIT重説の実施状況、および社会実験を行なっている法人間売買取引におけるIT重説の実施状況について...

不動産ニュース 2018/3/5

民泊新法、49自治体で条例制定予定/国交省他

国土交通省と厚生労働省はこのほど、住宅宿泊事業法における地方自治体の条例制定状況を明らかにした。同法において、都道府県は、住宅宿泊事業に起因する騒音の発生その他の事象による生活環境の悪化を防止するため必要があるときは、合理的に必要と認められる限...

2018/3/2

不動産ニュース 2018/3/2

ITを活用した定借の事前説明について通知

国土交通省は2月28日、土地・建設産業局不動産業課長と住宅局住宅総合整備課長の連名で、不動産業界団体宛てに「定期建物賃貸借に係る事前説明におけるITの活用等について」と題する通知を行なった。定期建物賃貸借契約におけるITを活用した事前説明につい...

不動産ニュース 2018/3/2

佐賀市の民間都市再生事業を認定/国交省

国土交通省は2日、オン・ザ・ルーフ(株)から申請のあった民間都市再生事業計画「オン・ザ・ルーフビルディングリノベーション計画」(佐賀県佐賀市)を都市再生特別措置法の規定により認定した。佐賀市中心市街地(呉服元町地区)において、約10年利用のない...

  1. 109
  2. 110
  3. 111
  4. 112
  5. 113

検索オプション

※ 複数のワードを入れるときはスペースを空けてください

含む
含まない
検索対象
カテゴリ
並べ替え
期間

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

在宅ワーク、セキュリティは万全ですか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/10/7

「記者の目」更新しました!

沿線の“地域愛”を醸成する」配信しました。
少子高齢化や人口減少が進む中、電鉄系会社では沿線地域の魅力を積極的に発信し、顧客をまちに定着させることが重要となってきます。独自性のある広告展開でそれに挑む、小田急不動産(株)の取り組みを取材しました。