宅地建物取引士の記事一覧

2018/4/13

2018/3/23

2018/2/1

不動産ニュース 2018/2/1

宅建マイスターの「フェロー」認定制度創設

(公財)不動産流通推進センターは、「宅建マイスター」の資格取得者のうち、優良な事業を行なった人を特別に「フェロー」として登録、情報を公開していく。同資格制度は、宅地建物取引士の中でも、高い資質を持ち、リーダー的な役割を担える、いわば&ldquo...

2018/1/12

2017/12/21

不動産ニュース 2017/12/21

IT重説の法人間売買、社会実験参加者を再募集

国土交通省は20日、IT重説の「法人間売買取引」社会実験に参加する宅地建物取引業者の追加募集を開始した。2017年8月1日より継続実施しているものの、社会実験登録事業者が本格運用への移行の可否を判断する実施数には至っていないことから当面の間募集...

2017/12/12

2017/11/29

不動産ニュース 2017/11/29

17年度宅建試験、合格ラインは35問

(一財)不動産適正取引推進機構(RETIO)は29日、10月15日に実施した2017年度「宅地建物取引士資格試験」の結果を発表した。全国211会場で実施した同試験は、受験者数20万9,354人(前年比5.5%増)、受験率81.0%(前年度:80...

2017/10/16

不動産ニュース 2017/10/16

29年度宅建試験、20万9,000人が受験

(一財)不動産適正取引推進機構(RETIO)は16日、15日に行なわれた「平成29年度宅地建物取引士資格試験」の受験状況(速報値)を公表した。受験申込者は25万8,511人(前年度(確定値)24万5,742人、前年度比5.1%増)。

2017/10/5

記者の目 2017/10/5

重説書面作成を「革新」する

 ◆「属人的能力」に委ねられる重説作成改めて説明しておくと、「重要事項説明書」とは、不動産売買・賃貸契約の際に重要な事項について調査し記載したもの。「重要な事項」とは、その不動産の権利関係や法令上の制限、建物や周辺環境など不動産の特性...

  1. 2
  2. 3
  3. 4
  4. 5
  5. 6

検索オプション

※ 複数のワードを入れるときはスペースを空けてください

含む
含まない
検索対象
カテゴリ
並べ替え
期間

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
新しい住宅トレンドは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/11/17

「記者の目」更新いたしました

地元の魅力を発信する不動産屋さん「プリンスジュン」」を更新しました!
神奈川県中郡二宮町で愛される王子様をご存じですか?普段は仮の姿として不動産業に従事する「プリンスジュン」。その生態をレポートします。