市街地再開発事業の記事一覧

2018/11/15

不動産ニュース 2018/11/15

渋谷駅直上の超高層ビル、19年秋に開業

東急グループは15日、渋谷駅の直上で開発を進めている「渋谷スクランブルスクエア」のI期(東棟)を2019年秋に開業すると発表した。事業主体は、東京急行電鉄(株)、東日本旅客鉄道(株)、東京地下鉄(株)が出資する渋谷スクランブルスクエア(株)。

2018/11/14

2018/11/1

不動産ニュース 2018/11/1

渋谷駅桜丘口地区の再開発事業が権利変換認可

東急不動産(株)が参加組合員として参画している「渋谷駅桜丘口地区第一種市街地再開発事業」は10月31日、東京都知事から権利変換計画の認可を受けたと発表した。同計画は、渋谷駅桜丘口地区市街地再開発組合と組合員、同社が共同で進めているもので、渋谷駅...

2018/10/31

不動産ニュース 2018/10/31

東京オリパラ選手村、住宅5,600戸を開発

三井不動産レジデンシャル(株)を代表会社とする「晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業」(東京都中央区)の特定建築者11社(※1)は31日、開発区域のタウンネームを「HARUMI FLAG」に決定。事業概要を発表した。

2018/10/16

不動産ニュース 2018/10/16

「大崎ガーデンシティ」が全体完成/住友不

住友不動産(株)が地権者・参加組合員として10年がかりで事業推進してきた「西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(街区名:大崎ガーデンシティ)」の住宅棟「大崎ガーデンレジデンス」(総戸数423戸)が竣工。街区全体が完成した。同事業は、JR「大崎...

2018/10/15

不動産ニュース 2018/10/15

「COREDO室町テラス」を来秋開業/三井不

三井不動産(株)は15日、同社が再開発組合の一員として開発を進めている複合施設「日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区」の名称を「日本橋室町三井タワー」と決定。地下1階~地上2階の商業施設を「COREDO室町テラス」とし、2019年秋...

2018/10/3

2018/9/26

  1. 35
  2. 36
  3. 37
  4. 38
  5. 39

検索オプション

※ 複数のワードを入れるときはスペースを空けてください

含む
含まない
検索対象
カテゴリ
並べ替え
期間

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。