市街地再開発事業の記事一覧

2019/1/16

不動産ニュース 2019/1/16

本厚木駅直結のタワマン販売/地所レジ他

三菱地所レジデンス(株)は、(株)フージャースコーポレーションと共同で開発している分譲マンション「ザ・パークハウス 本厚木タワー」(神奈川県厚木市、総戸数163戸)のモデルルームを19日にオープン。2月中旬から、1期分譲を開始する。

2019/1/7

不動産ニュース 2019/1/7

金町駅前再開発を着工/野村不

野村不動産(株)は、参加組合員として参画する「金町六丁目駅前地区第一種市街地再開発事業」(東京都葛飾区、総戸数190戸)を着工した。駅前広場との一体整備による地区内の環境改善および免震構造の採用による防災性の向上に寄与する事業で、住宅のほか、地...

2018/12/25

不動産ニュース 2018/12/25

戸越公園駅前再開発で23階建てタワマン

三菱地所レジデンス(株)、大成建設(株)、東京急行電鉄(株)、(一財)首都圏不燃建築公社、大成有楽不動産(株)が参画する「戸越五丁目19番地区第一種市街地再開発事業」の再開発組合が発足した。21日に東京都知事より設立認可を受けた。

2018/12/19

不動産ニュース 2018/12/19

東急不、渋谷桜丘地区再開発の事業協力者に

東急不動産(株)は14日、ネクスト渋谷桜丘地区再開発準備組合(理事長:木津秀幸氏)と「ネクスト渋谷桜丘地区市街地再開発事業 事業協力に関する協定書」を締結した。同事業は東京都渋谷区桜丘町の一部、約2.1haを対象とする市街地再開発事業で、「渋谷...

2018/12/14

不動産ニュース 2018/12/14

「所沢」駅前のタワマン販売開始/住友不

住友不動産(株)と住友商事(株)は、「所沢駅西口土地区画整理事業」の一環として建設されている超高層タワーマンション「シティタワー所沢クラッシィ」(埼玉県所沢市、総戸数311戸)の第1期販売を、17日より開始する。同物件は、西武池袋線・西武新宿線...

2018/12/3

2018/11/29

不動産ニュース 2018/11/29

東京オリパラ選手村、4つの環境認証取得

「晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業」(東京都中央区)の特定建築者11社(※1)は29日、2020年東京オリンピック・パラリンピックの選手村等を建設する都内最大級の複合開発「HARUMI FLAG」において、東京都とともに4つの環境認証を取...

2018/11/27

不動産ニュース 2018/11/27

大船で大規模複合再開発。東急コミュがエリマネも

東急不動産(株)は、同社が参加組合員として参画している「大船駅北第二地区第一種市街地再開発事業」において開発する「ブランズタワー大船」(横浜市栄区、総戸数253戸)の第1期販売を12月1日に開始する。同再開発事業は、「大船」駅前の約1.7haの...

2018/11/22

不動産ニュース 2018/11/22

JR東、「横浜」駅の新駅ビルの名称決定

JR東日本グループは22日、「(仮称)横浜駅西口開発ビル計画」(横浜市西区)の名称が、「JR横浜タワー」(駅前棟)、「JR横浜鶴屋町ビル」(鶴屋町棟)に決定したと発表した。横浜駅周辺エリアの集客拠点となりエリア価値向上に寄与する商業施設とともに...

不動産ニュース 2018/11/22

旧芝離宮の紅葉ライトアップイベント/東急不

東急不動産(株)は、鹿島建設(株)と共同で開発を進めている「(仮称)竹芝地区開発計画」のエリアマネジメント活動の一環として、11月21~24日にかけ、「旧芝離宮恩賜庭園」(東京都港区)で紅葉ライトアップイベントを開催する。同計画は、コンテンツ産...

  1. 34
  2. 35
  3. 36
  4. 37
  5. 38

検索オプション

※ 複数のワードを入れるときはスペースを空けてください

含む
含まない
検索対象
カテゴリ
並べ替え
期間

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。